不条理ニュース

可・不可の不条理ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●司法改革の正体 日本の裁判 嘘つきと裁判所どちらが悪いのか?●

傍聴人A「裁判を金持ちの道楽だと揶揄する者もいるが、裁判は人生を弄ぶ仕組みだといえる。山口母子殺人事件の高裁再審公判が始まったが、酷いものだ。これが日本の裁判だろう。」

傍聴人B「被告人が引き連れている巨大弁護団のシナリオそのままの芝居が始まったという感想しかないな。」

傍聴人C「テレビでは聞くに堪えない被告人証言が垂れ流しになり、国民の誰しもが加害少年の死刑を望む心理的影響があるだろう。司法や政府にとってはそれが目的なのだろうが・・・」

傍聴人D「しかし、煽られた結果、死刑を望む視聴者の姿を想像すると人民裁判を髣髴させ、北の公開処刑と同じオゾマシサを感じる。」

傍聴人E「山口母子殺人事件裁判報道によって、悪戯に国民怨嗟を駆り立て、『死刑当然』という世論を煽る仕組みも、今後なされるであろう『憲法9条改正当然』といった世論を煽るのも手法は同じだといえる。だから報道は冷静ににって観なければならない。死刑廃止論者のパフォーマンスと×××少年の証言を誰も望まないが、それ以上に国民利益の無い裁判員制度の必要性は今もって懐疑的だといわざるを得ない。」

傍聴人F「被告人の証言に出された著作物やドラえもんもいい迷惑だ。」

傍聴人G「最近の犯罪は、とにかく残酷だ。ゲームすべてを否定する訳ではないが攻撃的なゲーム中毒の子供が、大人以上の重大犯罪を犯しながら、まるでゲームを攻略するように裁判で死刑を免れるために挑んでいるような加害者の存在が目に付く。」

傍聴人H「被告人弁護団の詳細があったので紹介する。

登録番号 氏名    弁護士事務所      所属弁護士会
22102 足立 修一   足立修一法律事務所    広島
29566 井上 明彦   広島法律事務所     広島
28490 今枝 仁     広島 まこと法律事務所  広島
28951 岩井 信     優理総合法律事務所    第二東京
17415 大河内 秀明  横浜 横浜シルク法律事務所  横浜
15883 岡田 基志   福岡県 岡田基志法律事務所 福岡
25532 河井 匡秀   東京 河井匡秀法律事務所   東京
14059 北潟谷 仁   北潟谷法律事務所      札幌
18314 小林 修    小林修法律事務所      愛知
21752 新谷 桂 リベルテ法律事務所 第二東京
20433 新川 登茂宣 新川法律事務所 広島
23065 田上 剛 たのうえ法律事務所 広島
17160 中道 武美 中道法律事務所 大阪
18392 舟木 友比古 舟木法律事務所 仙台
15613 本田 兆司 桂・本田法律事務所 広島
23111 松井 港合 同法律事務所 第二東京
25232 村上 満宏 名古屋法律事務所 愛知
22443 山崎 吉男 大濠総合法律事務所天神オフィス 福岡
16480 山田 延廣 広島
16969 安田 好弘 港合同法律事務所 第二東京
20532 湯山 孝弘 湯山法律事務所 第一東京」


傍聴人I「ただ、いくらこれらの弁護士が、法廷内で理不尽な主張をして社会正義に反している言動に見えても、刑事事件で起訴、裁判で有罪とならなければ、弁護士は懲戒にはならない。それだけ絶対の社会的地位身分を有している。そして一度得た身分は半永久的なのが司法の現実だ。」

傍聴人J「だからと言って、頭に血が上りやすい人のように『早く裁判員となって被告を死刑にしたい』という結論は違う。」

傍聴人K「何故なら、被告人や被告人弁護団が法廷で発言するのは、裁判所裁判官が許可しているからであり、裁判における弁論の指揮権は裁判官にある。
したがって、裁判所で好き勝手に被告人やその弁護団の発言を野放しにしているのは裁判所裁判官の指揮であり意思だと看做される。」

傍聴人L「発言させているという事は、裁判所裁判官が発言の機会を与えているわけで、与えられているから荒唐無稽な虚構だであろうが、なんだろうがベラベラとしゃべる。非難されるべきは、指揮権を行使しているとは思えない裁判官であろう。」

傍聴人M「少年法自体が、加害少年がやった犯罪行為ではなく少年の年齢に適用される法律なのが欠陥なのだろう。強姦や殺人など成人的犯罪を犯人は未熟な少年なのだから罰を軽減して欲しいというような主張には無理がある。」
傍聴人N「山口母子殺人事件裁判がだらだらと長引いているのは、裁判所の責任。
本件裁判をを利用しようとしている者。例えばイデオロギーの売名であったり、裁判員制度の必要性をPRしたい権力であったり・・・・・裁判所の体質であっり。

裁判を長引かせるのも金の範囲そして能力だと嘯く弁護士がいるように、裁判が長引いて得をするのは弁護士だけだという現実。今回は死刑廃止というイデオロギー宣伝のため弁護士は無償だと思うが・・・」

傍聴人O「仮に、裁判員制度が導入されていたとしても一審で死刑と判断されれば、当然被告人側弁護団は控訴する。で、控訴されたら、一審の判断など判例にもならない。上級裁判所が死刑にしたければ、一審を追認し、そうではなければ一審の死刑判決をいつも簡単に覆すだけだ。仮に冤罪であっても裁判官の心理的負担は裁判員たちの存在によって軽減される。『死刑と判断したのは私(裁判官)ではなく裁判員(国民)なのだから・・・私(裁判官)に責任はない。』なんて感じで責任転嫁」

K記者「裁判員制度とは=国民参加による公正な裁判の実現の制度ではなく、裁判員制度とは=死刑判決・誤判・冤罪の法曹利益の責任転嫁制度でしかない。何故裁判員制度は、対象が凶悪な刑事事件裁判に限定されるのか?裁判員制度は何故一審だけなのか?被告が国や行政の裁判に裁判員制度を導入しない理由は何か?誰もその正当な理由を説明できないではないか。」

==============================

"■「ドラえもんが何とかしてくれる」母子殺害公判で元少年
2007年06月27日21時16分 asahi.com

 山口県光市で99年4月に会社員本村洋さん(31)の妻弥生さん(当時23)と長女夕夏ちゃん(同11カ月)を殺害したとして殺人と強姦(ごうかん)致死、窃盗の罪に問われている当時18歳の元少年(26)の差し戻し控訴審の第3回公判が27日、広島高裁であった。前日に続き弁護側の被告人質問があり、元少年はひもで夕夏ちゃんの首を絞めた認識について「ありません」と答え、夕夏ちゃんへの殺意も否認した。

 元少年は前日の公判で弥生さんへの殺意や強姦目的を否認。この日は弥生さんが死亡した後の行動について質問された。

 元少年は、夕夏ちゃんが泣きやまないので、「お母さんをあやめた自責の行為」として、ズボンのポケットにあった「剣道の小手のひも」を使って自らの左手を締めたと語り、夕夏ちゃんの首を絞めた認識はなかったとした。亡くなった夕夏ちゃんを押し入れの天袋に入れた理由は「4次元ポケットでドラえもんが何とかしてくれると思った」と話した。

 元少年は一・二審で2人への殺意を認めていた。検察側が反対尋問で、供述が変化している点について聞くと「記憶を精査した」と述べた。

 被告人質問はこの日で終了し、午後には、弁護側の依頼で元少年の犯罪心理鑑定をした加藤幸雄・日本福祉大教授(臨床心理学)の証人尋問が始まった。加藤教授は、元少年と実母は父親から暴力を受け、それぞれを必要とする「共依存の関係」にあったと指摘。元少年は中学1年の時に母を自殺で亡くし、親子、友人関係のバランスをとりながら自立する機会を失い、「内面の成熟が遅れた」と分析した。

NEWS ニュース 司法 裁判員制度 死刑 冤罪 誤判 責任転嫁制度 山口県光市 母子殺人 本村洋 殺人 強姦 致死 窃盗 嘘 偽証 少年法 死刑 18才 死刑廃止論者 21人の弁護団
スポンサーサイト
  1. 2007/06/27(水) 23:25:57|
  2. 俺様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●参議員選挙 フジモリ候補擁立の吉凶 長いものに巻かれる?国民新党 新党日本● | ホーム | ●消えた年金報道?と偽装コロッケ魔女狩り報道●>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kahuka3.blog88.fc2.com/tb.php/97-d9a12863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可・不可KA・HUKA

Author:可・不可KA・HUKA
Likes* Cat・Pigeon・Freedom

Dislikes* Frog.・Baldness・Hawk・Vulture・Fake・Gamble・Convention・Violence・Swarm・Cult・Hypocrite・Warlike・Monkey・Shallow cunning・Monkey show・Totalitarianism・Fascism
******************

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。
by Machiavelli

すべての人間は、生まれつき知ることを欲する。
by Aristoteles

愛国心とは、悪党の最後の逃げ場である。
by Samuel Johnson

愛国心は、悪党の最初の手段である。
by Ambrose Gwinnett Bierce

愛国心とは、悪党の美徳である。
by Oscar Fingal O’Flaherty Wills Wilde

法律ばかり増えるのは、悪政の兆候である。
by Aristoteles


目的は決して手段を正当化しない
the end will never justify the means

★☆★☆★☆★☆★☆★
Information
宗教など反社会的団体サイトからのリンクは不可
トラックバックを除き、事前に許可を得ていない無関係なサイトからのリンクは当Blogへアクセスは出来ない事をご了承ください。
★☆★☆★☆★☆★☆★

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

◆募集◆公募◆

[ポイント]TSUTAYA DISCAS◆会員登録 [ポイント]文化放送ラジオCMコンテスト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。