不条理ニュース

可・不可の不条理ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●参議院選挙 制服組が政治に入る危険性●

有権者A「自衛隊の情報保全隊が高校生まで調査対象にしていたとは・・・・何に怯えて過剰反応しているのだろうか?」

有権者B「案の定戦争オタクの自称国際的風俗御用ジャーナリスト?Kが、陸上自衛隊情報保全隊の所為を、何処にでもある情報だから問題ないなどと述べていたが、そんな子供騙しのコメントしか言えないのか?今は共産党系や社民党系へのレッテル貼りが、そのうちレッテル貼りが一般市民へ行拡大されない保障は無い・・・戦前のように。共産党系や社民党系だけが調査対象にされたのだと思っていると大間違いだ。」

有権者C「参議院選挙前のこの時期に自衛隊が国民を監視しているという報道されることにより、レッテル貼りされたり睨まれたくない一部の国民は怯み萎縮する、そんな効果を期待し、故意に流したものではないのか?『お前たち(国民)を監視しているぞ』と」

有権者D「参議院選挙ではイラクへ派兵されていたタレントのようにテレビに登場していた元陸上自衛隊『髭の隊長』こと元1等陸佐、佐藤正久氏(46)参院選に自民党比例代表公認候補として出馬するようだが、俺様党は憲法改正のプロパガンダに元自衛官を使うのか?」

有権者E「アメリカ次期大統領有力候補者の民主党クリントン議員は、イラク戦争を『ブッシュの戦争』と言って非難していたが、日本の親米保守と呼ばれる人々は、本家が間違いだったと認めているイラク開戦に対してもまだ『正しかったと』言い張っている始末だ。」

有権者F「アメリカの民主党は戦争で大怪我をした女性軍人をブッシュの戦争に大義が無かった、ブッシュ政権の失政を暴く告発者として選挙へ立候補させていたが、日本は自衛隊をイラク戦争は間違っていなかった、自分たちがしている行為は人道支援、国際貢献だと国民にアピールする俺様党にとって都合のいいプロパガンダとして利用しているに過ぎないのではないか?」

有権者G「過去の戦争で日本軍が暴走し、未だに従軍慰安婦や集団自決で事実を認めたがらない、隠滅したがっている勢力が存在するのなら、なおさら制服組が政治に入って法を作る側に入ることは国民利益とはならない。賛成できない。」

有権者H「『イラクの戦争が正しかった』といい続けている俺様内閣は『嘘も百回つけば真実になる』と思い込んでいたナチスの宣伝相のようだ。」

有権者I「嘘は何回ついても真実にはならない。」

有権者J「今回俺様党の候補者はあきらかに憲法改正を視野に入れたプロパガンダ選挙のようだ。」

有権者K「民主党候補者のさくらパパこと横峯良郎氏っていうのはいい人選だと思うね。娘を立派に育てたのだから、子供のいない俺様総理より、子育てや教育のノウハウがあると思うよ。」

有権者L「経済効果を生む才能は育てなければ駄目だ。」

有権者M「とかく、個人の才能に対して、日本は当事者の財布に入る金銭を勘定して妬み、偽者を作ったり、本家を潰しにかかる者がいるが、所詮コピー商品のように偽者は長続きはしない。本物を育てることが、広い意味で経済効果になるのだから、温かい目で見守ってあげるべきだと思う。」

有権者N「ゴルフ場上空でヘリコプターを飛ばしたり最近取材合戦が熱を帯びているが、まだ学生の石川選手をメディアや大人たちが潰さないようにして欲しいものだな。あれだけ騒いだら、本人のためにもならない。」

==============================
情報保全隊―自衛隊は国民を監視するのか
社説
2007年06月07日(木曜日)asahi.com

 自衛隊は国民を守るためにあるのか、それとも国民を監視するためにあるのか。そんな疑問すら抱きたくなるような文書の存在が明らかになった。

 「イラク自衛隊派遣に対する国内勢力の反対動向」と「情報資料」というタイトルに、それぞれ「情報保全隊」「東北方面情報保全隊長」と印刷されている。文書は全部で166ページに及ぶ。共産党が「自衛隊関係者」から入手したとして発表した。

 久間防衛相は文書が本物であるか確認することを拒んだが、この隊がそうした調査をしたことは認めた。文書の形式やその詳細な内容から見て、自衛隊の内部文書である可能性は極めて高い。

■何のための調査か

 明らかになった文書の調査対象は03年から04年にかけてで、自衛隊のイラク派遣への反対活動ばかりでなく、医療費の負担増や年金改革をテーマとする団体も含まれている。対象は41都道府県の290以上の団体や個人に及んでいる。

 文書には映画監督の山田洋次氏ら著名人、国会議員、地方議員、仏教やキリスト教などの宗教団体も登場する。報道機関や高校生の反戦グループ、日本国内のイスラム教徒も対象となっていた。

 自衛隊のイラク派遣は国論を二分する大きな出来事だった。自衛隊が世論の動向に敏感なのは当然のことで、情報収集そのものを否定する理由はない。

 しかし、文書に記されているのは、個々の活動や集会の参加人数から、時刻、スピーチの内容まで克明だ。団体や集会ごとに政党色で分類し、「反自衛隊活動」という項目もある。

 これは単なる情報収集とはいえない。自衛隊のイラク派遣を批判する人を頭から危険な存在とみなし、活動を監視しているかのようである。

■「反自衛隊」のレッテル

 文書によると、調査をしたのは陸上自衛隊の情報保全隊だ。保全隊は03年にそれまでの「調査隊」を再編・強化してつくられた。陸海空の3自衛隊に置かれ、総員は約900人にのぼる。

 情報保全隊の任務は「自衛隊の機密情報の保護と漏洩(ろうえい)の防止」と説明されてきた。ところが、その組織が国民を幅広く調査の対象にしていたのだ。明らかに任務の逸脱である。

 防衛庁時代の02年、自衛隊について情報公開を請求した人々のリストをひそかに作り、内部で閲覧していたことが発覚した。官房長を更迭するなど関係者を処分したが、その教訓は無視された。

 調査の対象には共産党だけでなく、民主党や社民党も含まれている。野党全体を対象にしていたわけだ。

 04年1月に福島県郡山市で行われた自衛隊員OBの新年会で、来賓として招かれた民主党の増子輝彦衆院議員が「自衛隊のイラク派遣は憲法違反であり、派遣に反対」と述べた。保全隊はこれを取り上げ、「反自衛隊」としたうえで、「イラク派遣を誹謗(ひぼう)」と批判している。

 イラク派遣の是非は政治が判断すべき問題だ。どういう結果にせよ、自衛隊はそれに従うまでで、政治的に中立であるはずだ。自衛隊にまつわる政策に反対する議員らをそのように扱うことは、あってはならないことだ。

 イラク派遣については、自衛隊のことを思えばこそ反対した人たちも少なくなかった。イラク派遣に反対することが「反自衛隊」だとはあまりにも短絡的な考え方である。自衛隊がそんな態度をとっていけば、せっかく築いた国民の支持を失っていくだろう。

 報道機関を調査の対象にしていたことも見逃せない。

 たとえば、岩手県で開かれた報道各社幹部との懇親会での質問内容が、個人名を挙げて掲載されていた。自衛隊が厳しい報道管制を敷いていたイラクでの活動については、「東京新聞現地特派員」の記事や取材予定をチェックしていた。

 イラク派遣について自衛隊員や地元の人々の声を伝えた朝日新聞青森県版の取材と報道について、「反自衛隊」と記録していた。「県内も賛否様々」と題して両論を公平に伝えたこの記事が、なぜ反自衛隊なのか。

■文民統制が揺らぐ

 自衛隊は国を守る組織だが、それは自由な言論や報道ができる民主主義の国だからこそ真に守るに値する。そうした基本認識がうかがえないのは残念だ。

 防衛省はこうした情報収集について、イラク派遣への反対運動から自衛隊員と家族を守るためにしたことで、業務の範囲内という立場だ。しかし、それはとても通用する理屈ではない。

 忘れてはならないのは、武力を持つ実力組織は、国内に向かっては治安機関に転化しやすいという歴史的教訓である。戦前、軍隊内の警察だった憲兵隊がやがて国民を監視し、自由を抑圧する組織に変わっていった。

 よもや戦前と同じことがいま起きるとは思わないが、よくよく気を付けなければならないことだ。自衛隊を「軍」にするという憲法改正案を政権党の自民党が掲げている現状を考えれば、なおさらである。
 今回明らかになったのは全体の活動の一部にすぎまい。政府はこうした活動について、詳細を明らかにすべきだ。

 守屋武昌防衛事務次官は「手の内をさらすことになるので、コメントするのは適切ではない」という。開き直りとしかいえず、とても納得できるものではない。無責任の極みである。

 こうした事実を政府がうやむやにするようでは、文民統制を信じることはできない。国会も役割を問われている。

NEWS ニュース 参議院選挙 自民党 民主党 さくらパパ 横峯良郎 文民統制 情報保全隊 個人情報 思想信条の自由 人権侵害 憲法違反 日本軍 佐藤正久 レッテル貼り 勝谷誠彦
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/07(木) 01:14:07|
  2. 俺様党
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●日本は兵糧攻めか?カニ うなぎその次は?● | ホーム | ●ナチス俺様党下 国民を選別 レッテル貼りがハジマッタ●>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kahuka3.blog88.fc2.com/tb.php/85-f3b07090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可・不可KA・HUKA

Author:可・不可KA・HUKA
Likes* Cat・Pigeon・Freedom

Dislikes* Frog.・Baldness・Hawk・Vulture・Fake・Gamble・Convention・Violence・Swarm・Cult・Hypocrite・Warlike・Monkey・Shallow cunning・Monkey show・Totalitarianism・Fascism
******************

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。
by Machiavelli

すべての人間は、生まれつき知ることを欲する。
by Aristoteles

愛国心とは、悪党の最後の逃げ場である。
by Samuel Johnson

愛国心は、悪党の最初の手段である。
by Ambrose Gwinnett Bierce

愛国心とは、悪党の美徳である。
by Oscar Fingal O’Flaherty Wills Wilde

法律ばかり増えるのは、悪政の兆候である。
by Aristoteles


目的は決して手段を正当化しない
the end will never justify the means

★☆★☆★☆★☆★☆★
Information
宗教など反社会的団体サイトからのリンクは不可
トラックバックを除き、事前に許可を得ていない無関係なサイトからのリンクは当Blogへアクセスは出来ない事をご了承ください。
★☆★☆★☆★☆★☆★

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◆募集◆公募◆

[ポイント]TSUTAYA DISCAS◆会員登録 [ポイント]文化放送ラジオCMコンテスト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。