不条理ニュース

可・不可の不条理ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●政権交代への道 薬害C型肝炎と迎撃ミサイル防衛システム 国民の生命と財産●

有権者A「防衛省スキャンダルはまんまと守屋夫婦と武器屋に擦り付けて、本当に悪い奴らはご安泰なのか?」

有権者B「汚職の守屋を任命した時の石破防衛庁長官(現防衛大臣)は自分には蚊帳の外(防衛省汚職は政治家へは司直の手が回らないと話が付いている)といった風情だ。」

有権者C「政府のUFO発言に緊張感無くヘラヘラと笑うマスコミに、失望しない国民はいないだろう。
今日の石破防衛大臣に対する会見でも、石破のUFOネタぶりに、わざわざ乗った(はじめからの御用シナリオかも知れないが)記者がいる。是非何処の記者が知りたいものだ。」

有権者D「人面魚のような石破防衛大臣に六分間もUFOのくだらない話をさせたマスコミ本当情けないと思うよ・・・・朝日や週刊現代など一部のマスコミは今でも防衛省汚職の相関図まで掲載してかんばっているのに、方や政府がふったUFOネタで緊張感なくヘラヘラてと笑っている。何かいかがわしい薬(機密費)でも盛られたんじゃないかと心配になるよ。」

有権者E「消えた年金公約違反の事実を『ビラなんかに勘違いするように事が書いてあった』という嘘つき総理も野放し・・・・・」

有権者F「薬害C型肝炎の件も総理は逃げまくり・・・・国が支払うことばかり考えているが製薬会社に支払わせろ。」

有権者G「薬害C型肝炎を国が一律で救済すると言わないのは、被害者の数が膨大だという資料が製薬会社と国で持っているのではないかと疑いたくなるね。」

有権者H「笑えるのは、今回のC型肝炎の被害者に対する国の対応で、ますます国の発表を信じてタミフルなんて飲んだら危険だと思うね。タミフルを常軌を逸して大量に購入している国は日本だけ、で、大量購入を決定したのは改悪教教祖小泉元総理。それだけ聞いたらタミフル飲むなんて・・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

有権者I「昔を考えれば、現在のように製薬メーカーに都合よく次から次へと薬に対抗性を持ったウイルスが自然発生するとは考えにくい。あたかも島国日本を選んだ様に・・・・」

有権者J「福田総理は税金を国民から預かっているわけだから・・・・だから薬害C型肝炎の被害者全員には金員を支払えないと言いたいのだろう。
が、その詭弁は、防衛費に関しては水増し請求だろうが、虚偽請求だろうがフリーパス。今回シナリオ上成功したと報道されているミサイル防衛システムは日米共同開発に今後一兆円もかかるという。」

有権者K「軍事オタクの石破はミサイル防衛システムが巨額かかっても『人命をお金と換算できますか?』とネチネチした口調で発言を言っていたが、何時飛んでくるが分からない北朝鮮からのミサイルを打ち落とすミサイルだと称して一兆円もドブに捨てるバカが何処にいるんだ。」

有権者L「大体、国が許可して旧陸軍731部隊の悪霊が建てたミドリ十字によってウイルスに汚染された薬を、人体実験よろしく国民に投与し、エイズや肝炎で国民の生命を奪い国民の生存権を侵害しながら、国も製薬会社も謝罪もしない。防衛利権に群がるダニたちはよく国民の生命や財産を守るためミサイル防衛システムが必要だなんて言えるものだ。」

有権者M「人面魚防衛大臣は守屋が汚職していた当時の防衛庁長官として責任を取って辞めるのが当然だろう。それをUFOだなんて言ってヘラヘラ笑っているとはどういうことなのか?逝ったふりでもしているのか?」

有権者N「日本政府は駄目だ・・・今回の迎撃成功っていうデーターもアメリカから出されたもの。もし仮に、自衛隊のイージス艦が撃ったミサイルがアメリカの撃ったミサイルに当たったというならば、アメリカが緻密に計算してイージス艦の迎撃ミサイルに当たるようにミサイルを先に発射したか、自爆するようにセットしてあったか、一番安価で確実なのは、ハリウッドのお家芸でまたも画像だけの成功画像という可能性だってUFOの存在と同じく否定は出来ない。まさか同盟国が嘘を付かないなんて本気で思っているのならとっとと日本の政治家なんて辞めてくれ。」

有権者O「なにしろブッシュ政権や武器屋にとってオメデタイ日本政府はいいカモ、アメリカのデータを何一つ真否を検証せず、まるでアキバでプラモデルでも買う要領で高額の武器や戦闘機を買うと決めたり、水増し請求だと知りながら高額を支払う、マンガオタクの麻生議員が『アルツハイマーでも分かる』と言ったが、福田内閣政府は、霊感商法で価値の無いツボを買わされる思考停止状態のカルトの信者と同じだ。」

有権者P「迎撃ミサイル自体成功しないと言われ続けていたものの、成功しないシステム開発に一兆円もの税金投入は与党内でも反対するだろう、だから政治家を騙すためにも『成功した』という虚偽事実を、防衛利権に群がる輩にとって捏造必要があったのだろう。が、今回成功した?にもかかわらず嘘が顔に出るアメリカブッシュ大統領は、同盟国のミサイル防衛実験結果に対して公式に何も言っていないとは分かりやすいシナリオだ。」

有権者Q「未知との遭遇やスターウォーズの生みの親アメリカ・・・・・・ミサイル迎撃成功だというあんなチャチィー画像、PhotoshopやShadeってソフトを使えれば誰だって作れる。9.11の嘘を暴いている骨のあるジャーナリストベンジャミンフルフォード氏にでも是非証拠を持って嘘を暴いて欲しいものだ。」

有権者R「海外はメディアはまったくの無視・・・・チャチナ画像をもって迎撃に成功したなんていったところで、日米高官がつるんで、防衛費を毟り取る理由付けとしてミサイル防衛システム開発に消極的な日本の政治家多数や日本国民を騙していると呆れているんじゃないか?」

有権者S「9.11の時何度も報道された画像を撮影できる場所は存在しなかったと日本の議員も言っていた事だし、ブッシュは取り巻きにハリウッドの脚本家もはべらせているというから今回も同じ?」

有権者T「一兆円毟り取ろうと画策しているなら、日米安保マフィアたちは何だってするだろう(笑)」

有権者U「しかし、万歳して喜ぶアメリカの人々+防衛副大臣の演技は臭かった・・・・かなり・・・」

有権者W「メディアで拉致被害者家族に騒がせるのも、安保マフィアが武器を買ったり巨額のミサイル防衛システム開発に必要だと欺罔し一兆円の国防費を国から詐取する方便とは・・・・おぬしらやはりワルよのぉ~」


K記者「日本はミサイルなど打ち込まれずともすでに滅んでいる。
家を建てれば鉄骨を間引かれ地震で家は潰れ、
医者にかかればウイルスに汚染された薬を投与されエイズや肝炎にかかる。たとえ被害者に何一つ落ち度が無くとも、国や製薬会社は謝罪も賠償もしない

裁判所は国や企業の顔色を観ながら判決を下し、個人の権利を守らず、個人の正義は勝たせない法曹の職場

何故か日本を狙い撃ちしたようにインフルエンザが大流行し、都合よく預言者小泉元総理がタミフルを大量に購入
しかし、タミフルを大量に使っているのは日本だけ・・・・

何時の間にやら武器屋に都合のいい法改正により武器緩和され
銃は自暴自棄になった警察官の自殺道具となり、
無職のプー太郎にまで銃を売り、案の定迷彩服の軍人よろしく散弾銃を乱射し人命を奪った上に、自らが洗礼を受けたキリスト教協会で、銃で自殺までした

どうせ死ぬだろうと老後の年金は社保庁公務員が使い果たし、横領を隠滅する目的でデーターは廃棄。

自民党公約違反は国民の誤解だと嘘を付く福田総理大臣・・・・・

政府与党が今後選挙で勝ち目が無いと分かった途端、アメリカでブッシュを大統領にした。改ざん可能のインチキ電子投票マシーンを高額としりながら、導入を急きょ決定、それによって今まで選挙の投票にエンピツを使うのは費用が安いからだと言いまくっていたのは嘘だと自ら自白した政府与党

政府・福田内閣閣僚は都合が悪い現実から国民の目を逸らすため、UFO談義で誤魔化し、それを吉本のお笑いのように阿吽の呼吸でメディアを使って面白おかしく垂れ流しにする。

すべて自民党政権下、ここ数年は自公政権下の悪政の結果だと言える。

連日のスキャンダル塗れ、死に体政府与党・・・・最早、政権交代しか日本が再生する道は無い
。」


■「イージス艦ミサイル迎撃」、成功報道の危うさ

12月19日(水) 15時50分 BNN
文:東  

 果たして北の「ノドン」は撃ち落とせるのか。

 防衛省は海上配備型迎撃ミサイル(SM3=Standard Missile3)を搭載した海上自衛隊のイージス艦「こんごう」が17日、ハワイ沖で初めて弾道ミサイル迎撃実射訓練を実施し、模擬ミサイルを大気圏外で迎撃したと発表した。

 日本は、北朝鮮が1998年8月、日本列島越しにテポドン1を発射したことを機に、米国と共同で弾道ミサイル防衛(BMD=Ballistic Missile Defense)の早期配備を検討してきた。

 周知のように北朝鮮は昨年7月5日午前3時30分から午後5時20分頃にかけて計7発のミサイルを発射、ミサイルはロシア沿海地方南方の日本海に落下した。

 7発のうち3発目は、北朝鮮北東部舞水端里(ムスダンリ)基地から発射された長距離弾道ミサイル「テポドン2」(射程6,000キロ)。残る6発は南東部の旗対嶺(キッテリョン)付近から発射された短距離弾道ミサイル「スカッド」(同300~500キロ)と中距離弾道ミサイル「ノドン」(同1,300キロ)とみられている。ノドンは液体燃料推進方式のミサイルで、日本のほぼ全域が射程に入ると推定されている。

 停電の頻発や燃料不足など、困窮する実態はともかく、前述したミサイル発射や核実験によって昨今、北朝鮮の脅威が強まっていることは確かだ。

 ブッシュ政権はBMD構想を国防政策の重要課題に位置づけており、日本のほか、英国、オーストラリアが参加しているが、その有効性を十分証明したとはいえず、カナダはBMDの不参加を決めている。

 BMD構想はレーガン政権時代のSDI構想が端緒で、以降、歴代の政権は10兆円を超える開発投資を行ってきた。米国は02年6月13日、弾道ミサイルを迎撃するミサイル・システムの開発や配備を制限するABM条約を脱退してまでミサイル防衛に注力している。

 米国のBMDは、弾道ミサイルを飛翔経路別に迎撃する「多層防衛」を目指している。発射直後で加速する「ブースト」段階、ロケットエンジンの燃焼が終わって大気圏外を飛行する「ミッドコース」段階、弾頭を切り離し落下直前の「ターミナル」段階だ。

 日本は99年から海上配備型ミッドコース防衛システム(迎撃ミサイルの4部品)の日米共同研究をスタートさせた。03年12月には、イージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル「SM3」、地上配備型地対空誘導弾「パトリオット・システム」(PAC3=PATRIOT Advanced Capability-3)の導入を閣議決定した。

 すでにPAC3は埼玉県の航空自衛隊入間基地に配備されており、「こんごう」の実射訓練によって、「陸」と「海」の2層による防衛は、「訓練成功」の報道も加わって、ミサイル迎撃態勢は万全であるかのような印象を与える。

 しかし、敵国のミサイルがSM3が届かない高度を飛翔した場合、撃ち落すことはできない。さらに移動式発射台に搭載されるノドンが、発射直前まで地下やトンネルに隠されていれば、イージス艦が弾道下に移動する時間はない。

 イージス艦情報流出事件で海自3佐が逮捕された直後、「こんごう」が米国で弾道ミサイルの迎撃訓練をしたことは前進である。

 それでもBMDシステムの整備は1兆円を超える費用を要する見通しだ。同盟国とはいえ、精度の裏付けが明らかでない“代物”を米国から押し付けられて首肯する防衛族が、汚職で逮捕された守屋武昌・前防衛次官をほうふつとさせるというのは考えすぎだろうか。



UFO襲来への対応「個人で考える」 石破防衛相
2007年12月20日14時03分asahi.com

「災害派遣が使えるのか。領空侵犯でもなさそうだ。防衛出動なのか」。石破茂防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)が日本を襲来した場合、自衛隊がどう対応するかについて「防衛省として取り組むことはないが、わたし自身としてどうなるのかは考えたい」と大まじめに語り、法制面の研究に個人的に取り組む考えを明らかにした。

 UFOをめぐっては、政府が「存在を確認していない」との答弁書を決定したばかり。石破氏は「存在しないと断定できる根拠はない」と異を唱えた上で、「いろいろな攻撃を仕掛けるのなら防衛出動だが、『地球の皆さん仲良くしよう』と言えば急迫不正の武力攻撃ではない」と指摘。脱線気味に「ゴジラがやってきたら、(破壊行為をしても)天変地異のたぐいだから災害派遣だ。モスラも大体同様だ」と独自の見解を披露する場面もあった。(時事)

NEWS ニュース 自民党 ミドリ十字 薬害エイズ 薬害C型肝炎 政府与党 防衛省汚職 疑獄事件 守屋 小泉 町村 石破 UFO 誤魔化し ミサイル防衛 一兆円 インチキ 画像 アメリカ 日本 安保マフィア 防衛利権 ダニ ネオコン
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/12/20(木) 20:39:49|
  2. おぬしら ワルよのぉ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●神は死んだ 病める国日本 欲に溺れカルトに蝕まれた政官● | ホーム | ●薬害C型肝炎裁判 俺様党支持率アップのシナリオ?!●>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kahuka3.blog88.fc2.com/tb.php/171-26b1e1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可・不可KA・HUKA

Author:可・不可KA・HUKA
Likes* Cat・Pigeon・Freedom

Dislikes* Frog.・Baldness・Hawk・Vulture・Fake・Gamble・Convention・Violence・Swarm・Cult・Hypocrite・Warlike・Monkey・Shallow cunning・Monkey show・Totalitarianism・Fascism
******************

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。
by Machiavelli

すべての人間は、生まれつき知ることを欲する。
by Aristoteles

愛国心とは、悪党の最後の逃げ場である。
by Samuel Johnson

愛国心は、悪党の最初の手段である。
by Ambrose Gwinnett Bierce

愛国心とは、悪党の美徳である。
by Oscar Fingal O’Flaherty Wills Wilde

法律ばかり増えるのは、悪政の兆候である。
by Aristoteles


目的は決して手段を正当化しない
the end will never justify the means

★☆★☆★☆★☆★☆★
Information
宗教など反社会的団体サイトからのリンクは不可
トラックバックを除き、事前に許可を得ていない無関係なサイトからのリンクは当Blogへアクセスは出来ない事をご了承ください。
★☆★☆★☆★☆★☆★

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◆募集◆公募◆

[ポイント]TSUTAYA DISCAS◆会員登録 [ポイント]文化放送ラジオCMコンテスト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。