不条理ニュース

可・不可の不条理ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●クリンチ作戦木端 腐ったミカンと大連立●  

有権者A「卑怯なクリンチ作戦を続ける貧乏くじ総理が民主党小沢党首へ連立を申し出たようだけれど・・・・戦前戦中の体制じゃあるまいし・・・政府与党はよほど焦っているんだろうなぁ」

有権者B「で、小沢代表は一旦民主党へその旨伝えて協議の結果賛成ゼロでお断りしたようだ。」

有権者C「めでたしめでたしのところを、結果がメディアの誤算だったのか、ネオコンたちの悪あがき『何故党首会談は密室政治だからしないと言っていたのにこの場で党首会談に応じたのか』『何故民主党小沢党首は連立の誘いをその場で断わらなかったのか』『連立の呼びかけは小沢氏からのもの』だとする煽りやデマで民主党小沢党首の
信用を貶める報道が垂れ流しになり始めた。異常だと思うね。」

有権者D「連立が小沢代表からの申し出なら連立後の総理を小沢氏に頼むのが筋だろう、しかし貧乏くじ総理は小沢氏を総理にとは一言も言っていない。
俺様自民党にとっての連立後の総理は前原議員や岡田議員というシナリオだったんじゃないかな?又も恐怖のネオコン総理誕生か・・・・・

貧乏くじ総理はもっぱらクリンチ作戦を続けているわけだから党首会談によって貧乏くじ総理の本心を知ることもアリだと思うよ。」

有権者E「まして、連立の誘いを小沢党首が党に持ち帰って何が不満なんだ?党首として当たり前の事をしただけだと思うね。」

有権者F「たぶん日本を滅ぼすネオコンたちのシナリオでは、小沢党首がYesだろうとNoだろうと勝手に決めた途端に民主党内のネオコンたちがインネンを付けここぞとばかりに分裂を図ろうと画策していたんだと思うね。小沢氏が党内多数の意見を尊重するために連立の誘いを党に持ち帰った事は、小沢氏を邪魔に思っている背信者にとっては想定外悔しいだろうね・・・・」

有権者G「小沢党首の嫌なら出て行けってスタンスだっておかしくない。
今回民主党党首が前原元党首や岡田元党首なら悪魔からの誘いをホイホイ受けて民主党の支持率を暴落させ、野党第一党の民主党を分裂されるのに成功した俺様ネオコンたちは祝杯をあげた事だろう。だいたいホリエ@メールで民主党を潰そうとした前原議員がまだ民主党に残って自民党の援護射撃をしている事自体、野党支持者にとって迷惑な話しだ。」

有権者H「防衛省と軍需産業企業との癒着→贈収賄がはっきりしない限り、防衛がらみの法案なんて議論できる道理が無い。トボケタ元防衛事務官1人だけが悪かったなんて結末で国民は納得しないだろう、小沢議員は今回の企業からの政治献金をすべて返却したと言うからまだ良いが、それでは、他の議員たちはどうなのか。民主党の小沢議員に政治献金したのなら、自民党や民主党のネオコンは誰一人政治献金されていなかったはずは無い。政治献金をするって事は、することによって利があるからでしかない。」

有権者I「防衛省の守屋元事務官が権力を得たのは諸悪の根源小泉政権になってからだろう・・・小泉下総理の訪米にまで同行している。
政官と軍需産業との癒着によって政治が歪められ憲法9条改悪だったり教育基本法改悪そして戦争の出来る美しい国づくりじゃ国民は言い面の皮だ。一票を死の商人=武器証人に差し出した有権者にも責任はある。」

有権者J「今度の癒着の主人公はすべて防衛省出身者というのも皮肉だ。公務員だった時に民間とコネを作って、軍需産業利益の為に危機感を煽り国民を不安に貶め戦争へのシナリオを着々と進める・・・・死の商人から接待漬けでティファニーのバックを貰った元防衛省次官のズウズウシイ妻もご尊顔を出して釈明したらいい。」

有権者K「死の商人から貢物を受け続けた元事務官夫婦は、上まで接待漬けにしているから贈収賄だと分かっていても処分されないと高をくくっていただけだろう。」

有権者L「防衛省と軍需産業=死の商人らの癒着が公になってあわてて病気入院した久間元防衛庁長官も居ることだし・・・・・守屋次官が防衛出身の死の商人とゴルフに賭けマージャンしていた時の政権は小泉政権、安倍政権防衛庁トップは現在トップに返り咲いた石破議員だってことに注目

有権者M「防衛省と武器屋の癒着からすると『非核三原則・核廃絶・軍縮』を掲げていた長崎の伊藤前市長なんて、死の商人や死の商人から接待漬けにされている政官たちにとって邪魔な存在だったのだろうとつくづく思うね・・・・・・」

有権者N「危険な改憲議員たちへの死の商人からの政治資金や保有している軍需産業関連株を調べるべきだ。」

有権者O「人の血で超え太る武器屋とつるんで為政者や髭の隊長同等の思考回路の自作自演で戦争なんて起こされてはたまらない」

有権者P「今回の貧乏くじ総理の連立呼びかけに対する民主党小沢代表の対処は全然おかしくないと思うね。計算が外れたのは、これを機に一揆を起こして党内の分裂を企てたネオコン議員たちだけだろう。」

有権者Q「結果的に、民主党に持ち帰ってみんなの意見を尊重して連立を拒否したのだから問題ないと思う。」

有権者R「防衛省はゴルフに賭けマージャン接待漬け、それより先にはパチンコ狂いで借金ダルマになって結局汚職した自衛官といい、国の防衛どころじゃないね・・・・やはり飲む・打つ・買うにルーズなのは身を滅ぼすだけじゃなく、そんな輩が自衛官じゃ国が滅びる。」

有権者S「福田内閣は癒し系だと言ったが・・・・自民党は『食事代を誰が支払ったか知らない』などという久間下防衛大臣にしろ癒しではなく卑しい系の間違いではないのか。」

有権者T「民主党は腐ったミカンと一緒の箱に入らなくて良かった。腐ったミカン箱に新しいミカンを入れたら腐るしかない・・・・とにかく有権者は近視眼で判断しては間違う、時には静観も必要ということだろう。」

有権者U「死の商人と防衛省の癒着→汚職を真相解明し断ち切らないと、武器屋の希望で第三次世界大戦なんて起こされては取り返しがつかない。」

K記者「地球温暖化だなんて言ってレジ袋を使わなくても、ネクタイ締めなくても、車に乗るのをひかえても・・・戦争が一度起きたらまったく意味が無い。
戦争やり放題で地球温暖化が止められる道理は無い。
戦争で喜ぶのは武器屋と武器屋と汚職関係にある一部の死神に取り憑かれた政官だけだろう
。」


******************************

【社説】
■「連立」打診―まず総選挙が筋だ 
2007年11月03日(土曜日)付 asahi.com

 びっくりするような提案が、福田首相の口から飛び出した。

 きのうの小沢民主党代表との党首会談で、「政策を実現するための新体制をつくることもいい

のではないか」と、連立協議を持ちかけたのだ。ライバル関係にある2大政党が連立を組む、い

わゆる「大連立」の呼びかけである。

 大連立は、ドイツのメルケル政権など例がないわけではない。だが、今回の打診は多くの日本

国民にとっては、キツネにつままれたような話だろう。

 両党は夏の参院選で激突し、自公連立政権が過半数割れし、民主党が初めて参院第1党に躍り

出たばかりだ。遠からず行われる衆院の解散・総選挙でいよいよ政権交代が問われる。ほとんど

の国民はそう思っていたはずである。

 首相にとってのメリットは明らかだ。

 テロ特措法の期限が切れ、海上自衛隊はインド洋から撤収することになった。給油再開のため

の新法は、民主党の反対で成立のめどがまったく立っていない。給油問題に限らず、今のままで

は重要な政策が何ひとつ前に進まない。

 「政治が止まっていいのかどうか。状況を打開しなければいけない」。そう語る首相の思いは

理解できないでもない。同時に、政権を握りつつ、政治を前に進められるのなら、自民党側に失

うものはあまりないという計算もあろう。

 給油新法とともに、自衛隊を海外に出す際の恒久法でも合意できるなら一挙両得でもある。

 私たちは、頭から大連立を否定するつもりはない。たとえば2大政党が国政の基本的な課題で

衝突し、にっちもさっちもいかないとき、打開策としてあり得るかもしれない。

 だが、いまの時点での大連立はあまりにも唐突に過ぎる。とりわけ民主党にとっては、危険な

誘いというほかない。

 日本の政治には政権交代が必要だ。国民にもうひとつの選択肢を示し、総選挙で政権を奪取す

る――。民主党は国民にそう訴えてきた。

 それなのに、肝心の勝負をしないまま、大連立で政権入りという甘い誘惑に負けたとなれば、

有権者への背信だ。民主党がこの呼びかけを拒否したのは当然で、むしろ小沢氏がただちに断ら

なかったのが不可解である。

 ただ、政治を停滞させないための工夫が必要だというのはその通りだ。

 今週、政治資金規正法の改正をめざす与野党6党の協議が始まった。薬害肝炎患者の治療費を

どう公的に支えるかなどでも、与野党で接点を探る動きが本格化している。

 与野党が折り合える政策は進める。その一方で、どうしても基本的な考えがぶつかる政策は何

か、つまり対立軸は何なのかを国会論戦を通じて国民に示す。

 いま必要なのは、そうしたメリハリのある与野党関係ではないのか。談合のような「大連立」

話はききたくない。



">■消費者金融「お客選別」のあおりで パチンコ業界厳しい!
2007/6/10 J-CAST

「庶民の娯楽の殿堂」パチンコだが、遊戯人口がここ10年で1000万人以上も減少し、2007年に入っても客離れが止まらないようだ。その理由の一つが「消費者金融がカネを貸さなくなったため」なのだそうだ。風が吹けば桶屋が儲かる、みたいな理屈だが、あながちウソでもないようだ。

融資申込者の半数以上が振るい落とされた

パチンコ参加人口は減少する一方だ 企業信用調査会社・東京経済の「東経ニュース」(07年5月24日付け)は、07年に入りパチンコ店運営会社の倒産が相次いでいる原因の一つをこう説明している。


「パチンコ業界では消費者金融の法改正を受け、パチンコファンがパチンコにつぎ込む資金が減少した」
消費者金融業界では、06年に多発した無理な取立て、上限を超える金利での貸し付けなどの不祥事が相次いだ。さらに、貸出上限金利の引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法成立を受け、貸し倒れリスクの高い人への融資を一段と絞った。

「武富士、アイフル、アコム、プロミスの大手四社の成約率は三月時点で平均44%と、申込者の半分以上が審査でふるい落とされた」(日本経済新聞07年5月18日付け)
つまり、ふるい落とされた中に、パチンコファンが多かったのではないか、というわけだ。

パチンコ好きは消費者金融をどれくらい利用しているのだろうか。ある大手パチンコチェーンの社員はこう話す。

「生活費が足りなくなって『パチンコで稼ごう』と遊びに来るお客さんも多い。手持ちが無い場合は、お客さんの一部だとは思うが、消費者金融を利用しているようだ」
パチンコ・パチスロ歴20年の30代男性サラリーマンはこう話す。

「パチンコの資金が足りなくなって消費者金融に駆け込む人は、利用者全体の20%はいる感じだ。数年前はもっといたと思う」
パチスロの場合は「大当たり」が続けば一回で20万~30万円も儲かる場合もあるようで、「借金がすぐに返せる」との思いが消費者金融に走らせることになるのだそうだ。

参加人口は減少したが、一人当たりの遊戯費は非常に高騰
消費者金融の「貸し渋り」でパチンコ人口が減る。これはパチンコ業界にとって非常に痛い。「レジャー白書」によれば、パチンコ参加人口は05年で1,710万人。95年が2,900万人だから約1,200万人減少した。

一方で、業界の売り上げ(貸し玉料)は95年が309,020億円に対し、05年は287,490億円と参加人口に比べ減少率は少ない。つまり、一人当たりの遊戯費が非常に高騰している。そこへ、消費者金融の融資が制限されれば、大きく売り上げを落とす結果になりかねない。

パチンコ参加人口に関しては、減少が心配される問題が07年7月に発生する。「射幸心をあおる」という理由で、店内に置かれているパチスロマシンの「4号機」が、ギャンブル性の低い「5号機」に総入れ替わる。スリリングな展開を味わえなくなる可能性があるわけで、日本遊技関連事業協会はJ-CASTニュースの取材に対し、

「業界にとって厳しい状況であることは間違いない」
と話す。


NEWS ニュース 自民党 福田総理 民主党 小沢一郎代表 党首会談 防衛省 汚職 守屋元事務官 小泉純一郎 久間元防衛大臣 石破防衛大臣 武器屋 死の商人 接待 癒着 ゴルフ パチンコ ギャンブル
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/03(土) 18:28:17|
  2. 貧乏くじ総理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●放送法違反 テロより怖いナチ自民党情報操作の恐怖● | ホーム | ●勇敢な告発者と不正大国日本 メディアは誰の身方なのか●>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kahuka3.blog88.fc2.com/tb.php/151-e3b4a161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

可・不可KA・HUKA

Author:可・不可KA・HUKA
Likes* Cat・Pigeon・Freedom

Dislikes* Frog.・Baldness・Hawk・Vulture・Fake・Gamble・Convention・Violence・Swarm・Cult・Hypocrite・Warlike・Monkey・Shallow cunning・Monkey show・Totalitarianism・Fascism
******************

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。
by Machiavelli

すべての人間は、生まれつき知ることを欲する。
by Aristoteles

愛国心とは、悪党の最後の逃げ場である。
by Samuel Johnson

愛国心は、悪党の最初の手段である。
by Ambrose Gwinnett Bierce

愛国心とは、悪党の美徳である。
by Oscar Fingal O’Flaherty Wills Wilde

法律ばかり増えるのは、悪政の兆候である。
by Aristoteles


目的は決して手段を正当化しない
the end will never justify the means

★☆★☆★☆★☆★☆★
Information
宗教など反社会的団体サイトからのリンクは不可
トラックバックを除き、事前に許可を得ていない無関係なサイトからのリンクは当Blogへアクセスは出来ない事をご了承ください。
★☆★☆★☆★☆★☆★

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆募集◆公募◆

[ポイント]TSUTAYA DISCAS◆会員登録 [ポイント]文化放送ラジオCMコンテスト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。