不条理ニュース

可・不可の不条理ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●堕ちた防衛省 現代の吸血鬼 武器屋と防衛族●

有権者A「武器屋の接待漬けになった守屋夫婦逮捕。額賀・守屋国会でのダブル証人喚問は没になったが、今の時期の逮捕は『死人に口なし』とされない為にも最善の選択だと見るか、政府自民党の圧力で参議院で決定した守屋・額賀ダブル証人喚問の妨害をされたと見るかによって、防衛省スキャンダルの結果が変わる。」

有権者B「自民党福田政権は何が何でも額賀財務大臣と心中したいのだろうか?・・・・・
頑なに宴席への出席を否定する額賀財務大臣は、知人を交えた家族での会食時の用意周到に日時まである写真?写真の合成や日時の改ざんはデジタルカメラの画像なら100%可能。アナログならネガを調べれば分かる。
もう一つは特捜部捜査対象の外務省所管米国軍需産業と政界のパイプ社団法人日米平和文化交流協会での議事録やテープ?どちらも額賀氏にとって利害関係のある身内の証言じゃ信憑性は低い。
守屋氏は逮捕前、宴席での詳細をテレビで証言している。今日守屋逮捕に慌てて宴席に出席していたとされるブッシュ政権元国防省高官が自民党の依頼で額賀氏と会食したことが無いと会見までした(爆)よほどその宴席に出席していることが致命傷の真っ黒な宴席?どちらにしても、守屋氏は宣誓した上での証言だが、額賀財務大臣や元米国国防省高官アワー氏は宣誓していないから嘘を付いても罰せられない。。」

有権者C「夕方のニュースで、額賀財務大臣への証人喚問を共産党の反対で取り下げるというような報道がされていたが・・・・・共産党さんまた自民党への追い風ですか・・・・・証人喚問は額賀氏単独であっても十分。」

有権者D「証人喚問が多数決で決まるのは問題があるというならば、テロ特糞新法を参議院で否決後再び衆議院での多数決で可決しようとしている政府自民党の意のままにさせる気なのか?」

有権者E「守屋氏はすでに宣誓した上で証言しているわけだし、一部報道で宴席出席者の氏名を挙げて『額賀氏は宴席に遅れて出席し、途中で帰った』と発言している。どちらの証言に信憑性があるかといえば額賀財務大臣でも元米国国防省高官アワー氏の通謀証言でもなく守屋証言の方だろう。」

有権者F「防衛省に火の手が回ったら米国元国防省高官まで熱がっている・・・・・」

有権者G「守屋という藪を突付いたら蛇(久間・額賀)が出て、その後の大蛇(諸悪の根源のアノ人)まで司直の手がのびるかどうかで、今後の日本が再生するか、武器屋とつるんで戦前回帰小泉暗黒時代の延長になるかが決まるのだろう。とにかく小沢民主党と特捜部には是非がんばって欲しい。」

有権者H「しかしねぇ世界的に不人気のブッシュ政権元国防省高官の発言など、誰が信じるというのだろうか?」

有権者I「世界的にブッシュの盟友や愛犬たちは、政権を失い政治家生命も終わっている。選挙に落ちれば戦争も作れない・・・・日本では未だに、ブッシュに忠誠を尽くしていれば、自公政権は永遠だと思い込んでいる。もう終わっているのにな・・・・」

有権者J「防衛省の腐敗が取りざたされている最悪の時期に、小泉チルドレン東国原宮崎県知事が『徴兵制』を肯定する暴言を放ったようだが、有権者はお笑いの仮面を被ったファシズムに騙されちゃいけない。知事のシールを貼った商品を見るたびに徴兵制を肯定する為政者が推薦する商品として有権者の印象に残る事が商品の売れ行きに影響及ぼすと思わなかったのならばあまりにも浅はかと言うしかない。」

有権者K「婦女暴行買春で検挙歴があると言われている元総理経験者らや、淫行で逮捕歴のある為政者に若者を非難し、若者の命を戦争の犠牲とする『徴兵制』を肯定する資格など無いのは言うまでも無い。」

K記者「30日は自民党政府と昵懇の反則ボクサーと詐病力士の謝罪会見共演で国民の目を防衛省スキャンダルから逸らしたいのだろうが、国民生活にとって反則ボクサーや詐病力士の口先の謝罪など『そんなの関係ない』と思っている事だろう。」

2007年11月28日 掲載 gendai.net
守屋を「防衛省の妖怪」に育てた小泉純一郎と飯島秘書官

 守屋武昌を防衛省の妖怪に仕立て上げたのは、誰なのか。守屋と親密な関係にある政治家は、額賀財務相や山崎拓元副総裁らの名前が挙がっているが、背後で操っていた大物は別にいる。それは、小泉元首相と飯島秘書官。2人は東大閥ではない東北大卒の男を押し立て03年8月、防衛省の事務方のトップに据えた。以後4年の長きにわたり、日米や沖縄の問題を仕切らせ、国防族議員を追いやった。その守屋逮捕で防衛省官僚たちは戦々恐々。犬猿の仲といわれる石破防衛相だってスットボケていられない。


NEWS ニュース 自民党 証人喚問 疑獄事件 日米平和文化交流協会 軍需産業 死の商人 ネオコン 外務省 防衛省 汚職 小泉 久間 額賀 守屋 平気で嘘をつく人たち 東国原 徴兵制 朝青竜 亀田 謝罪
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/29(木) 23:13:37|
  2. おぬしら ワルよのぉ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●逆切れ自民党 疑惑の防衛省 アリバイ?テープと議事録の証拠能力?●

有権者A「オレオレ詐欺に意図も簡単にひっかかるお国柄を憂いて・・・・・何故か頑なに武器屋と同席の宴席への出席を否認する額賀財務大臣側が、この期に及んで・・・・実は当日の勉強会のテープと議事録があったと言い始めている(笑)」

有権者B「たとえテープと議事録があったとしてもそれがその当日に録取したものだという証拠は?テープは後日改ざんできるものだし議事録だって後々作り変えることは可能。

だからテープがあるならば、専門家によって本人かどうか又テープが改ざんされていないかどうか調べた後でなければそれが真正とはならない。第一テープと議事録を提出したのは仲間内だろ・
・・・」

有権者C「某コメンテーターが言っていたが、勉強会に出席したとしても、宴席に出席していない証拠にはならないようだよ。だいたい最初から最後までいたとは限らない、遅れて出席することも途中退席する事だって可能。疑惑の防衛省に不可能は無い。」

有権者D「録画だってプロなら改ざん可能。それにしてもその勉強会は過去のデーターがすべて録音と議事録であるのだろうか?たまたまその時だけ・・・・都合よくテープと議事録があったりしてね(爆)

有権者E「何度も言うようだけれど、たとえ額賀財務大臣が勉強会に出席したとしても宴席に出席していなかったという証拠にはならない。」

有権者F「自民党は必死になってホリエメールの件をニュースで報道させているが、アノ件だって民主党の党首が民主党の足を引っ張る役割の(隠れ自民党?)の前原議員だった時代の出来事、メール自体の証拠能力とホリエモンから武部議員に金が渡ったという事実の真否は別問題。だから自民党が始末書として『武部議員に金が渡った事実がない』旨の文書を民主党から取ったこと自体なんら法的根拠も無く、証明力も無い。

日本は証拠無ければ罪を認めず、起訴されなければ犯罪じゃないという法治国家ならぬ犯罪放置国家なのは公知の事実
。」

有権者G「小泉→安倍→福田と続く悪政にキレたいのは国民なのだが、テロ特糞新法が通らない事に逆切れした自民党・・・・最近のニュースでラップのように繰り返し流されている墓場のゾンビと間違える伊吹自民党幹事長の発言・・・・野党(もっぱら民主党)への非難・・・『国会は何をやっているのかと、そのうち国民が非難する』と黄色い頭髪の霊媒師のように身勝手な予言をしているが、非難されるのはテロ特糞法が成立しないことではなく、安倍プッツン前総理の公約のとおり来年3月にはどうやっても消えた年金の名寄せなど出来ない現実や、性懲りも無く第二の薬害C型肝炎を隠蔽し続けた政府、防衛省と武器屋の癒着を屁とも思わないで『記憶に無い』『記録に無い』を繰り返している厚顔無恥な歴代防衛大臣を任命した政府自民党が非難の対象だと思うが・・・・・・・・」


有権者H「安倍政権の時は、疑惑の閣僚はまだ顔にバンソコウを貼ったり、辞任したり自殺?という結末を選んだが、どうやらメディアを牛耳り、思いっきり腹黒いことが露呈した福田総理の下、証拠が無ければ徹底的にシラバックレロと指示したのか『阿吽の呼吸』だか定かではないが、すぐばれる嘘をどうしてつくのだろうか?証人喚問になれば偽証罪は免れない。石破防衛大臣が誰が額賀財務大臣が宴席に出席していたと言ったのか言えなんて吠えているが・・・・証人喚問で明らかになればいいだけだ。下手に証人の氏名など明らかにして農水大臣のように『安倍総理万歳』なんて不気味な手紙を残して『死人に口なし by 伊吹』になどされてはたまらないしな・・・・国会で証人喚問で明らかにすればいいだけだと思うね。」

有権者I「福田総理価値観からすると、防衛省職員や閣僚が業者と会食してもまったく問題ないと言うならば、額賀財務大臣は何もここまで否定せず『宴席に出席しましたが・・・・何か?」くらいとぼけるかと思えば、何が何でも否定しないわけに入られない程の真っ黒な宴席だったと推測されても仕方ない。出席していないと言うならば、額賀大臣が出席していたと証言した武器屋に接待漬けの守屋前次官を偽証罪で訴えなければならない。
しかし・・・・額賀財務大臣は訴えないという・・・・何故だ?何故訴えない。訴えなければ国民の額賀大臣に対する心証は真っ黒になる。」

K記者「自民党にとって追い風にしたホリエメール2匹目のドジョウは・・・・・最早いない。」

NEWS ニュース 自民党 防衛省 額賀財務大臣 守屋次官 軍需産業 防衛利権 宴席 勉強会 日米文化交流協会 ネオコン 贈収賄 疑獄間事件 アリバイテープ 証拠能力

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/27(火) 14:43:07|
  2. おぬしら ワルよのぉ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●疑惑の防衛省 それでもボク(額賀)は(宴席)行っていない?●

有権者A「守屋事務次官が、防衛省の次官として居座り続けようとしたのは、自らの悪さが露呈しないためだと言った議員がいたが、それが分かるならば自民党が政権与党に居座り続けたい理由が明白というものだ。同じ政権が一党独裁のごとく居座り続けた結果が、今で言えば厚生省や防衛省の腐敗という事になるだろう。」


有権者B「政権が変わらない限り政府の悪さは露呈しない。だから政権与党に固着して居座り続けるという事。」


有権者C「ねじれ現象で法案が通らないなどと報道されているが、ねじれる前の国会では、小泉元総理が政界へ入れたどこの馬の骨が分からない、ああ勘違いのコイズミチルドレン80数名の頭数で次々国民利益とはならない政府法案が数の暴挙で下剤をかけた糞のように通過してしまったのは知ってのとおり、それから比べれば、テロ特糞新法1つ通すことも出来なくなっているということは、やっと国会が国会らしくなった。自民党数の暴力の終焉が近いという事だろう。国民にとっては歓迎すべきことだ。」


有権者D「それにしても笑えるのは、消えた年金の対処も出来ず、第二の薬害エイズのようなC型肝炎隠蔽、防衛省スキャンダルを抱え尚、政党支持率が上向いているというインチキ世論調査を垂れ流しにし、インチキ世論調査数字にしがみついている自民党は、あたかも国民がテロ特糞新法の成立を望んでいるかのような虚偽を喧伝し、『世論が』『世論が』とまるで預言者のように『世論が支持する』と自作のシナリオをメディアで予告しているが、国民は先日のデマ社説しかりメディアを牛耳っている政府自民党下の世論調査などという数字を、国民がまだ信じると思っているのだろうか?」


有権者E「『国際貢献』と言うならば、ここまで日本を駄目にした自民党が政府与党から退くことだろう。武器屋と吊るんで防衛費を吊り上げるために近隣諸国の危機感を煽り、自民党政権下武器屋の水増し請求を知らないで(笑)全額支払続けたお人よしの防衛省?で、接待漬けと貢物攻撃・・・・・そんな自民党が政府与党でなくなれば、国民だけではなく国際社会もさぞ喜ぶ。」


有権者F「最近の世論調査で給油続行すべきとすべきではないの数字が大差ない拮抗しているなどと腹がよじれるような報道がされていたが、何処の国に、汚職とスキャンダルまみれの防衛省に関する法案で、国会の承認を必要としないなどという法案に基づく給油などを歓迎するアホがいるんだ?給油に賛成だと言っているのは、政府与党関係者か武器屋か接待漬けの防衛省職員か
妄信的なブッシュ政権支持者だろう・・・・・


有権者G「為政者(政府与党)がシビリアンコントロールする義務を逃げて、法案から国会承認を必要なしとしているだけで法案としては最悪だということ。腐敗した防衛省を野放しにすることは国民利益とはならない。」

有権者H「軍国主義だった昔の日本、現在の北朝鮮やミャンマーを見れば軍事政権や、軍国主義が反民主主義であり非人道的なのは明らかだろう。自由がなくなるのが嫌なら政府の喧伝『国際貢献』などという美名に騙されてはいけない。」

有識者I「聞き捨てなら無い事を言っていたロッキード事件で活躍した元検事が、防衛省の疑惑は政治家へは司直の手が届かないだろうという旨の国民の怒りの炎に油を注ぎ、自民党が小躍りしそうな発言を言っていたが、元検事なら何を考えているのか?
トカゲの尻尾切りで終わって良い訳無いだろうが。
接待漬けの守屋事務官を重宝して訪米まで同行させたのは小泉元総理。その上、独身だった小泉前総理の女房役で公式の場に出席していたのが守屋オネダリ婦人なのだから、関係は何をかいわんやだ。防衛省の腐敗を見てみぬ不利をしていた小泉前総理も当然その後の任命賢者らにだって責任がある。」


有権者J「元検事は、自分が担当したロッキード以上の特捜部の手柄になるのが疎ましくてあんな発言したんじゃないか。政治家の権力が背後にあるからいち官僚に民間企業が破格の接待や贈賄するんだろうが・・・・例えばだ、仮に守屋前事務官が『俺の背後には●●●●総理がいる』と言わなくとも、日頃権力と同行していれば相手にとっては十分利用価値があると考えるだろう。」


有権者K「日本も次期選挙は是非野党に圧勝して欲しいが、アメリカの大統領候補選挙もヒラリーが圧倒的と報道されていたが、最近はオバマ氏の方が優勢のようだ。オバマ氏と言えば、はじめからイラク戦争に反対していた、ケネディーの再来とも言われている候補者だが。オバマ氏が大統領になったらヒラリー氏がなるよりもアメリカにとっては良いかもしれない。」

K記者「ロシアでは、反プーチンを掲げるチェスの元世界王者ガリ・カスパロフが、プーチンの国内支持率が90%について尋ねられると『支持率なんて当てにならない。メディアを牛耳ればなんでもあり』だろうと答えていた。支持率90%以上といえば、Cult of Yasukuni系自民党のオレオレ元総理や、お笑い系の某県知事を思い出すが・・・・支持率が当てにならないのは今では日本だけではなく世界の常識のようだ(笑)

宣誓していない額賀財務大臣がいくら嘘を付いても罪には問われない・・・・答弁が真実だというならば証人喚問を受けて正々堂々答弁すればいいだけだ
。」


「証言者を明らかにすべきだ」額賀財務相 宴席問題
2007年11月23日20時22分 asahi.com
 額賀財務相は23日、石川県小松市で記者会見し、防衛省の守屋武昌前事務次官や軍需専門商社元専務、米政府元高官との宴席に同席したとされる問題について、「野党の皆さんが(国会で)私に質問した材料は推測に基づくものだ」と反論した。そのうえで「(質問した民主党は)証人がだれか、(同席時の)座席表がどうかを提示して質問するのが責任だ」と述べ、質問の根拠となった証言者などを明確にするよう民主党に求めた。

 宴席の同席については「3人が一緒になった会合に出たことはない。主張は変わらない」と改めて否定した。

NEWS ニュース  テロ特措法 証人喚問 自民党 民主党 支持率 インチキ 世論調査 メディア 防衛省 疑獄事件 守屋 小泉純一郎 軍需産業 武器証人 水増し請求 接待 汚職 贈収賄 解散総選挙

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/25(日) 12:39:00|
  2. おぬしら ワルよのぉ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●究極のインサイダー 防衛省ファンド? 軍需関連株

有権者A「ギャンブルにしても麻薬にしても刺激→興奮→習慣性→借金→刺激→興奮→習慣性そして借金→多重債務者になるか犯罪者、最後に自殺するしかない破滅型人生が待っている。
まして、公務員、防衛や捜査機関に携わるものがギャンブルや麻薬付けになっていたら、刺激欲しさに公務員という身分を悪用して、情報漏洩や犯罪に加担する反社会的団体の意のままに動くようになるのは眼に見えている。」

有権者B「二度にわたる防衛省時間の証人喚問、武器屋の接待を受けた大臣としてネオコン久間元防衛大臣と額賀現財務大臣の名が暴露されたようだが・・・・気になったのは守屋前次官が部下の課長に貸した?預けた?金銭が守屋証言上報道されていた2000万円代から4500万円代に跳ね上がっていたという事だ。防衛利権に関係する企業への投資ならば(たぶんそうだろうけれど)究極のインサイダーじゃないのか?」

有権者C「事前に戦争があると知る立場のものに倫理観や公務員としての自覚が無ければ100%上がる株。絶対軍需関連企業株やオイル関連株を買う(若しくは知人にか買わせる)だろう。
だから政策決定を知る立場の防衛省職員が株マニアなら当然、みずからの株を高騰させるための政策を立案したり、いち早く情報を手に入れて、その情報自体を売買したり、自分以外の者の名義で投資させて、利益を得るなんて朝飯前だろう。防衛省ファンドに防衛省アコムか?」

有権者D「とにかく日本は公務員天国、どんなペイペイでも座席は上座。公務所に出向いた一般国民は下座に座らされる。
まさに『お上根性』
彼らは法律上にも社会的にも性善説で評価されるわけだから、何かしでかしても罰則が無い、若しくはあっとしても、上司の命令ならば、実質的には罰せられない。
だから水源が腐ったら下流の水はすべて腐る仕組みになっている。内部告発はその後の出世や人生を棒に振る行為だから愚行だと認識されているわけだ。」

有権者E「守屋次官は部下に投資目的で金を預けたというのであれば【借用書】では、金を預けた証拠にはならない、一説には、返却したとされる金員自体が投資の結果得た利益ではないのか?又もう一説には、一度目に貸した金は預けた金員で、分割で返却されたという金員は実は投資による利益ではないのかと噂されている。」

有権者F「どちらにしても、防衛利権がらみの投資だから自分や家族ではなく部下にさせたのではないのか?公務員は副業が禁止されているのだから投資に関しても禁止すべきだね。でなければ巧妙にインサイダーが出来る。現に防衛庁が省へ格上げになった時、省は予算が自由に計上できることから軍需産業関連株は高騰したはずだ。自分の持ち株を高騰させるためにセッセト戦争の火種を作るような為政者が1人でもいたら国は滅びる。」

有権者G「福田総理は手土産も持たずはじめての訪米・・・・ブッシュはつれなかった・・・・・拉致問題で世論の注意を引いていた自民党にとっては痛い結果だ。ブッシュは『拉致被害者や被害者家族を見捨てない』といっているがただのリップサービスだろう。小泉元総理(福田官房長官)、安倍前総理の段階で拉致問題を解決済みのようにしてしまったのは彼らなのだから、いくらブッシュでもいいかげんにしろと思っていることだろう。」

有権者H「日米の政府が拉致問題を利用して北の脅威を煽り、テロとの戦いだと行って共通の敵をもって国民を団結させようとしたものの、両国とも失敗したんだと思うね。」

有権者I「国政は拉致問題だけではないわけだし、拉致問題家族の背後に危険な団体や反社会的団体、日本核保有論者らがいる事が一般人にも分かり一般国民はドン引きしたって事だろう。」

有権者J「北を相手に戦争マニアのブッシュと一緒に戦争したいなんて極論は、日本ではとてもじゃないが受け入れられない。」

有権者K「本当に被害者の事を思っていたら自民党のように政治利用などしなかっただろう・・・・・小泉政権から続いて常にポーズという事」

有権者L「武器屋の金が、国防族だけではなくプッシュ政権高官へも渡っていると囁かれている。が、事実だと思うね。」

有権者M「外務大臣当時田中真紀子さんが、アーミテージ会わなかったといって失脚させられたブッシュ政権高官だった悪党アーミテージなんか日本の軍需産業企業に役員として名を連ねていた経験もあるわけだから、一生懸命日米軍需産業の広告塔として『Show the flag』日本政府を煽ったわけだ。ネオコンアーミテージの言葉だけをアメリカ全体の言葉だとして日本のネオコン為政者たちは利用しまくって、理不尽なテロとの戦いを世界中に強いて殺戮と破壊を続け現在に至る。ベトナム戦争の英雄だとか言うが、あの戦争自体悲惨な戦争であり、制服組が為政者になるとトンデモナイ悪政を強いる見本のような人物だ。」

有権者N「だいたいアノ顔観ただけだって善人じゃない悪党以外評価しようがないだろうて・・・・」

有権者O「防衛省は、このさい一気に膿を出す。
武器屋の接待攻撃に乗らず、贈り物を武器屋へ返却した公正な職員中心で防衛省人事をしてはどうか?


有権者P「報道の回数は少ないが、社団法人日米平和文化交流協会経由で裏金が政界へ渡ったのではないかと疑惑をもたれているようだ。で、理事には接待漬けになった蜂に刺された久間章議員と額賀福志郎議員、小沢氏の足を常に引っ張る背信者前原誠司議員の名前も出ている。平和を謳いながら名前を連ねているのはほとんどネオコン軍事オタクや防衛族・・・・安倍前総理も該当協会に関係していたと報道しているニュースもあったが・・・・自民党は踏んだり蹴ったりだ」

社団法人 日米平和・文化交流協会
理事名簿
2007年8月6日 更新
役職 氏名 備考
理事 綿貫 民輔  
理事 瓦 力  
理事 久間 章生  
理事 額賀 福志郎 ※ 8月27日をもちまして、理事を辞任いたしました。
理事 西岡 喬  
理事 谷口 一郎  
理事 玉澤 徳一郎  
理事 中谷 元  
理事 石破 茂 ※ 9月25日をもちまして、理事を辞任いたしました。
理事 井上 喜一  
理事 赤松 正雄  
理事 前原 誠司  
理事 宝珠山 昇 (元防衛施設庁長官)
理事 佐藤 達夫  
理事 斉藤 斗志二  
理事 武部 勤  
理事 佐藤 謙 (元防衛事務次官)
理事 杉田 和博 (元内閣官房内閣危機管理監)
理事 木下 博生 (元中小企業庁長官)
理事 堀川 英嗣  
理事 西山 淳一  
理事 山下 守  
理事 酒井 邦造  
理事 渡辺 康之  
理事 小泉 正  
理事 笠川 信之  
理事 藤浦 吉廣  
理事 山下 洋司  
理事 曽良 道治  
理事 田中 順  
理事 畠山 圭一  
理事 秋山 直紀 【常勤】
理事 葛西 敬之  
理事 井上 美悠紀  
理事 米津 佳彦  
理事 ウィリアム・S・コーエン  
理事 ウィリアム・J・シュナイダー  
理事 エドゥイン・J・フェルナー  
理事 マイケル・アマコスト  
監事 原田 和郎  

有権者P「大阪市長選で、民主・国民新推薦の元アナウンサー平松邦夫氏の初当選は本当に良かった。日米民主党の時代だ。」

K記者「一部新聞で、自民党は政党交付金を世論調査会社へ支払っていたと報道されていた。疑惑の防衛省歴代大臣はすべて自民党でありながら何故か自民党の支持率が上がっていた前回のインチキ世論調査結果、何故世論調査会社に政党交付金なんて支払うんだ?ナベツネのデマ社説しかりヤハリという感じだ。」

守屋氏喚問で「宴席に額賀・久間氏」 民主、問責も視野
2007年11月16日00時56分 asahi.com

 防衛省の守屋武昌・前事務次官(63)は15日、参院外交防衛委員会での証人喚問で、軍需専門商社「山田洋行」元専務の宮崎元伸容疑者(69)=業務上横領などの容疑で逮捕=との宴席に額賀福志郎財務相と久間章生元防衛相が同席していたことを明らかにした。額賀、久間両氏は防衛庁長官経験者で、喚問終了後、いずれも「記憶にない」などと話した。民主党は衆院で両氏の証人喚問を求めるなど、国会での説明を要求。同党は現職閣僚である額賀氏の問責決議案の提出も視野に入れており、進退問題に発展する可能性もある。海上自衛隊の給油活動再開のための補給支援特措法案を、12月15日まで延長した今国会の会期内に成立させることは厳しい情勢となった。



参院外交防衛委の証人喚問に出席、委員長の発言を聞く守屋武昌前防衛事務次官=15日午後1時すぎ、国会内で


参院外交防衛委に参考人として出席、挙手で答弁を求める米津佳彦山田洋行社長=15日午前、国会内で

 2度目となった証人喚問で守屋氏は、宮崎元専務との宴席に同席した2人の政治家の名前を初めて明らかにした。10月29日の衆院テロ対策特別委員会での証人喚問では、「名前をはっきり言うだけの自信と日付もわからないので、答弁を控える」として、名前は出さなかった。

 守屋氏の証言によると、額賀氏が出席した会合は一昨年くらいで、米国防総省のジェームズ・アワー元日本部長が来日した時に東京・神田の料亭で開かれた。守屋氏が出向くと、すでに宮崎元専務がおり、次いで額賀氏が顔を見せたが、最初に帰った。他の政治家も同席したという。

 久間氏が参加した宴席は2、3年前。旧防衛庁近くの東京・六本木の料亭で開かれた。日米の国防族議員らによる年2回のシンポジウムを主催する「日米平和・文化交流協会」の秋山直紀・常務理事から「大臣と飲むから来ないか」と誘われ、出向いたという。守屋氏が到着して間もなく久間氏は引き揚げ、その後は守屋氏、秋山氏、宮崎元専務の3人で飲んだという。話した内容は「覚えていない」と述べた。

 額賀氏は15日夕、財務省で記者団に「全く記憶にない。これまで宮崎氏や守屋氏から接待を受けたことはない」と全面的に否定。一方、久間氏は朝日新聞の取材に対し「3年ほど前の話なので、記憶に自信がない」としながらも、4人の会合については「あり得るかもしれない」と含みを持たせた。

 この日の喚問で守屋氏は、ヘリコプター装備品納入代金を山田洋行が水増し請求したとされる問題で、当時防衛局長だった守屋氏が担当課に電話をしていたとされる点について「記憶が一切ない」と述べた。

 また、次期輸送機(CX)のエンジン調達に絡み03年8月に開かれた装備品審査会議の段階で、山田洋行が米ゼネラル・エレクトリック社の代理店だったことを前回の証人喚問で「知らなかった」と答えていた問題についても改めて「当時の認識として一切記憶がない」と語った。

 ゴルフや飲食などの過剰な接待を受け続けていたことについては「それが刑事罰に該当するということであれば、逃れる考えは全くない」と述べた。そのうえで、石破防衛相から自主返納を求められていた退職金について「受け取る資格はない。返納する覚悟でございます。申し訳ございません」と返納に応じる考えを示した。

 政治家から契約関係で何らかの圧力を受けたことがあるかどうかも問われた。守屋氏は、建設関係で政治家から相談を受け、担当部署を紹介した記憶はある、と述べた。

 前回の証人喚問後に明らかとなった、同氏の側近とされる防衛政策局の課長(47)との不透明な資金のやり取りについても質疑があった。

 守屋氏の証言によると、10年前、父親から相続した山を売ってできた資金があり、この課長から「少し増やしてあげますよ。貸してください」と言われて、2500万円と2000万円の2回に分けて貸したという。

 しかし、返済が困難となり、5年ほどかけて何回かに分けて返済された、と説明した。上司・部下の間の巨額な貸し借りについて守屋氏は「金を増やしてあげるという言葉に乗った甘さがあった」と釈明した。

     ◇

 守屋氏が額賀、久間両氏の宴席同席を明らかにしたことを受け、民主党は15日夜、衆院テロ対策特別委員会で両氏の証人喚問を求める考えを自民党側に伝えた。民主党など野党は、現職閣僚である額賀氏が「記憶にない」と、守屋氏の証言と食い違う説明を繰り返してきたことを特に重視、額賀氏が財務相を続ければ「予算編成に支障が生じる」などとして、自発的な辞任も求める構えだ。

 これに対し、福田首相は15日夕、首相官邸で記者団に「額賀氏から『宮崎、守屋両氏から接待を受けたことはない。仮にその会合に出席していたとしても、誰が出席していたか覚えていない』という報告があった」と明らかにした。そのうえで「そういう会合に出ることは政治家としてよくあることだ」と述べ、説明責任を果たせば同席自体は問題ないという認識を示した。

 自民党は両氏の証人喚問には応じず、国会の委員会などで説明すればよいとの立場だが、与野党逆転の参院に舞台を移した補給支援特措法の審議に大きな影響を与えることは必至だ。

 与野党は19日の参院本会議での審議入りに向けて協議をしていたが、民主党は15日、証人喚問後の与野党の参院国対委員長会談で、「証人喚問の結果を受けて疑惑解明を徹底しなければ、給油新法に話が行ける状況でない」として、19日の審議入りには応じられないとの考えを伝えた。

 審議入りは早くても26日以降にずれこむ見通しで、12月15日の会期末までに十分な審議時間を確保することは困難な情勢だ。年末には来年度予算編成が控えており、政府・与党は疑惑の行方を見定めたうえで、再延長してでも今国会成立をめざすのか、継続審議などの道を探るのか、難しい判断を迫られることになる。

 民主党は額賀氏が辞任に応じない場合には、参院で問責決議案の提出も検討する構え。額賀氏は防衛庁長官時代の98年10月、同庁の装備品調達を巡る不祥事に絡み、参院で問責決議を可決され、辞任したことがある。額賀氏の進退問題に発展すれば、福田政権に深刻なダメージとなることは避けられない状況だ。


NEWS ニュース 自民党 民主党 防衛省 汚職 贈収賄 疑獄事件 社団法人 日米平和文化交流協会 額賀財務大臣 久間下防衛大臣 ネオコン 軍需産業 防衛利権 守屋 インサイダー ブッシュ政権 アーミテージ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/19(月) 17:40:14|
  2. おぬしら ワルよのぉ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●世論調査は民意にあらず 世論調査という名の世論操作●

有権者A「何故か福田内閣支持率はおちているにも関らず自民党支持率があがっているというあり得ない世論調査結果に毎度大笑い。」

有権者B「今まで世論調査というただの数字を利用していたのは誰か良く考えてみよう。」

有権者C「現政権にとって都合のいい世論調査結果=民意だと言い張って悪政をしまくったのは稀代のペテン師小泉総理なのは有名だが、その後安倍総理誕生においては総理総裁へ立候補する際、世論調査結果を踏まえて総理に立候補したという話は有名。
まぁことあるごとに世論調査結果=民意だと国民を欺罔して悪政の強行、失政の隠蔽をしまくっているのが与党自民党ということなのだが、とうとう逝ってしまわれたかという今日の世論調査。


有権者D「だからいつも言うように、福田内閣の支持率が落ちているのに何故福田総理が総裁の自民党の支持率が上がるんだよ。」

有権者E「結局『大連立は小沢からの申し出』というデマを平気で垂れ流しにして、デマだと分かってからも誰一人デマを流した確信犯らは小沢代表や民主党や、まして国民に謝罪さえしていない。」

有権者F「それと同時に『大連立支持しない』が60%以上にもかかわらず、ネオコンメディア読売新聞ナベツネ老害と阿吽の呼吸で大連立を仕掛けた自民党の支持率が高いってあり得ないだろう。」

有権者G「たぶん推測するところ、福田総理の支持率大半が政策でも政治理念でもない『人柄』だというアーパーは結果のように自民党の支持率は『人柄』という内容で支持率が上がっているとか(爆)
いい加減なんだよ。世論調査なんて今度の大連立仕掛け人らの嘘と同じようにちょっと考えればその結果があり得ないものだとすぐ露呈する。ようは考えるか考えないで、垂れ流しの情報を、疑問に思うか、すべて受け入れてしまうかの差だ。」

有権者H「 『オレダ オレダ』って言われただけで、電話の相手が誰かも確認せずに巨額の金銭を詐取されるようなお国柄『世論調査だ』『支持率だ』って言われただけで納得するようでは世も末だよ。」

有権者I「『支持率』だ『世論調査』だとはじまったら、また魑魅魍魎が何か画策しているなって思ったほ方がいい。民主党もメディアに振り回されない方がいいと思うね」

有権者J「自民党は、野党から問責決議案を出されることを一番怖れている。だからその前にインチキ世論調査で、今選挙をしても利が無いと思わせたいんだと思うね。何が何でも問責決議案を回避したいのは自民党。選挙があれば、どう転んでも次の選挙では、悪法を通過させるだけに自民党が当選させた脳内カラッポの小泉チルドレンたちは消えるからね。選挙で不利なのは圧倒的に自民党だという事を忘れないで欲しい。」

有権者K「本来世論調査するならば、
1、今回一部のメディアが『大連立』を画策してデマを流した件はマスコミとしてやってはならない行為だが、支持するか?支持しないか?

2、デマを流して世論誘導をした事を謝罪しないマスコミを支持するか?支持しないか?

3、大連立を企てデマを流した読売新聞は新聞だけではなくマスコミの信用を失墜させた責任を取ってナベツネは引責辞任すべきだと思うか思わないか。

4、福田総理が大連立に関して民主党の小沢代表と『阿吽の呼吸』といった発言は嘘だったわけだが、国民に嘘を付く総理大臣を支持するか?支持しないか?

何故調査しないのだろうか?」


有権者L「日本政府、福田政権=森傀儡政権が給油に固着しているのはやはり軍需利権だからという事だろう。」

有権者M「福田は石油会社出身の総理、オイルにまつわる軍需利権の美味しさを誰よりも知っているんだろうね。だから自民党が総理として担いだ。」

有権者N「自民党がすがるのは、世論調査という名の世論操作の数字のみ。」

K記者「贈収賄に事件は発展して行く様子の防衛省と武器屋の癒着。癒着疑惑を持たれているのは自民党防衛省トップたちなのはすでに公知の事実。
であるならば自民党の支持率が上向ているという支持率結果はあり得ない虚構の数字といわざるを得ない。どこの国に癒着や贈収賄の当事者となっている政党や内閣を支持する能天気な国民が居るのだろうか?世論調査という名の世論操作、国民を馬鹿にするにもほどがある
。」

NEWS ニュース 自民党 福田内閣 小泉内閣 安倍内閣 汚職 疑獄事件 防衛省 防衛大臣 民主党 問責決議案 衆議院 選挙 世論調査 内閣支持率 世論操作 捏造 情報操作 民意 小泉チルドレン 自民党敗北 民主党勝利 民意 
  1. 2007/11/12(月) 13:28:28|
  2. 俺様メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●報道規制+言論統制 現政権老害力を批判するのはご法度●

有権者A「老害力を発揮させた福田総理とナベツネを非難するコメントはご法度なのか、まるで報道規制がされているように、流されない。」

有権者B「先日の小沢氏辞意撤回に至るまでのメディアとその後まだ性懲りも無くカルト系コメンテーターや御用コメンテーターを使って小沢代表と民主党の信用を貶める報道をしている。そして、一様にナベツネや福田総理に対する非難はまったく聞かれない。しいて言えば、今回の件は自民党の追い風で利があったとまで、世論をミスリードさせるための事実に反する大嘘を何回もコールして吹聴しているのが特徴だ。」

有権者C「榊原とかいう小心者の早稲田大学教授系コメンテーターなんか、民主党の鳩山議員が選挙後に連立の話が出るだなんて誰もがデマだと知っている嘘まで吹聴していた。が、同じくナベツネも福田総理に対してもまったく非難していない。」

有権者D「コメンテーターは、一回一万円から3万円のギャラで出演しているわけだから、自分の意見というより、番組の意向だったりスポンサーの意向という事もあるのだろうね。せっせと小金を稼ぐためにコメンテーターしているような御用有識者らにプライドや骨のアルコメントを期待する方が無理だろう。まして、大学教授でこの程度のお粗末なコメントなら小学生にだって出来る。」

有権者E「今回観ても歴然なのは誰も福田総理やナベツネを非難しない。」

有権者F「カルトの洗脳ビデオのように『民主党はバラバラ』だとか『自民党に追い風』だとか言論統制されているのか?・・・・壊れたテープレコーダーじゃあるまいしそれしか言うこと無いのかって感じた。」

有権者G「私たちに分かるように説明しろなんて言っている脳がハレルヤなのがいたが、分からないなら理解力の無い自分のオツムはをバンバンした方がいい。」

有権者H「しかしね、世の中1聞いて10理解する者と、100聞いても1つも理解しない奴が居る。だから分からない奴、分かろうとしない奴に言うだけ無駄。」

有権者I「小沢党首に説明しろと食い下がっていたトンチンカンはまさに後者。分からないのと分かろうとしないのと、理解力が無いのは小沢党首の責任じゃない。」

有権者J「民主党第3のお荷物、小沢氏攻撃の急先鋒とかいう仙谷由人議員のチンピラのようなものいいにも困ったものだ。同氏のサイトを見ても別に元社会党議員だというくらいで、あそこまで荒れ果てた人間性だとは伺えない。ただ、他方においては梅基とかいうカメラマンの情報源だとか出ているけど、そのカメラマン自体正体不明。
ただ、気になったのはカエルをキャラクターで使っている点が、オウムを連想したくらいだ。どちらにしても自民党を利するため一生懸命なお方というしかない。」

有権者K「たしか例の違法カルト信者は裁判官から捜査機関、自衛官までいたわけだから政治家がいたって不思議は無いけれどね・・・・・そのうち尻尾が出てくるだろう・・・・何者なのか。」

有権者L「小沢代表でなくとも、そんなに嫌なら出て行けって言いたくもなるよな。何様かってあんなものいいじゃ。酒とタバコで潰れたような声にしろ世論から支持などされない。」

有権者M「党首に足りない点があったら、他の議員がフォローして当然『体のこともあるだろうけど、会議へ出ろ』ってもの言いは一体何様だよって。いかにも素性が悪いって感じがする。社会党出身の菅氏とは雲泥の差だ。」

有権者N「前原議員岡田議員が隠れて、出てきた仙石カエルって事?」

有権者O「前原議員は元オウムの信者に何だか指南されていたという記事もあったしね、そのあたりがキーワードだったりしてね。」

有権者P「何か言いたいなら、まず党内で言うべきだし、メディアの前で鬼の首でも取ったように代表非難は自民党の利益のみ。小沢党首だけではない、他の民主党議員に対しても、仙石の暴言で迷惑かけている事を恥じるべきだ。」

有権者Q「民主党内雨降って地固まったのがよほど気に食わない輩が居るのだろう。」

有権者R「武器屋は防衛省の職員にあちこち貢物をしていたようだけれど、だったら政治家に対してはもっと貢いでいるはずだ。ただの横領で終わらせたら、防衛省と武器屋の癒着はなくならない。そして、二度と同種の事件で立件されることは亡くなるだろう。不正のし放題になるということだ」

K記者「軍人や武器屋に牛耳競れて、接待付けになって尻こだまを抜かれた為政者に憲法改正されて、戦争へと貶められたくなければ、次の衆議院選挙はよく考えて投票すべきだ。もちろん備え付けのエンピツではなく、ボールペンや油性のマジックMy筆記用具を持参して投票すべし。」

NEWS ニュース 自民党 福田総理 民主党 小沢一郎 仙石由人 オウム カエル 選挙 筆記用具 エンピツ 改ざん 無効票 マジック ボールペン コメンテーター 早稲田大学 榊原教授 東ちづる 創価学会

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/11(日) 04:52:57|
  2. おぬしら ワルよのぉ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●御用カルト系俺様コメンテーター このオンナ狂暴につき●

視聴者A「朝っぱらから、ヒステリーの声で目が覚めるのはなんとも不快だ。」

視聴者B「民主党菅代表代行を番組に招いておきながら、ヒステリーを起こしたタレントは東ちづる嬢と高木美也子。」

視聴者C「大連立を持ちかけたのは糞爺ナベツネや腹黒福田総理にもかかわらずまぁだ小沢代表が持ちかけただなんてガセをまだ吹聴していたが、政府与党必死だな・・・」

視聴者D「男の俺様司会者は田原聡一郎氏だが、オンナの勘違い俺様コメンテーターは東ちづるだろう。」

視聴者E「民主党のイメージダウンに必死な俺様タレント東ちづるの正体は?アハハハハハやっぱりね・・・・最後まで福田総理や、ナベツネに真相を聞くと言わなかった最悪のコメンテーターのお粗末・・・・一発レッドカード」

cult_.jpg


視聴者F「ヒステリー東のあまりにも分かりやすい口撃。フランスではオウムと同じく危険なカルトとして立派に認定されている。自民党与党の連立相手公明党の支持母体、S学会の信者だ。」

視聴者G「あれだけ常軌を逸したらコメンテーターの資格が無い。司会者不在視聴者が引くよ。」

視聴者H「信じるものは救われない。ここまでやったら小沢代表と民主党を貶めようとしたのがナベツネ糞爺だけではなくやはり与党だと思われても仕方ないな。」

視聴者I「『私たちは混乱した』とか『民主党はこれでバラバラですね』なんて必死になって言っていたが、『私たち』って誰のことだ?信者たちのことか?『たち』だなんて複数形で話すなって。ばらばらなのは公明党の政策だろうって。支持母体は平和と言いながら、一生懸命戦争屋と癒着している自民党と共謀で平和とかけ離れた法案を数の暴力で通過させている。信者に対する投票干渉=公職選挙法違反は有名。」

視聴者J「正義面実は与党の犬、それも狂犬」

視聴者K「昔は結婚したいタレントや好感度タレントなど人気投票の上位に居たと記憶するが、与党政府のインチキ世論調査やインチキ内閣支持率と同じ手法の情報操作だったわけだな」

視聴者L「最近は、どの番組も石を投げると全体主義のカルト系でうんざりだ。」

視聴者M「面白いのは、小沢氏や民主党を根拠無く攻撃しているアーパータレントや自称有識者の身元を調べると・・・・あ~ら不思議99.999999%与党系カルトの信者。」

視聴者N「今後民主党は司会者やコメンテーターが、与党系カルトの信者巣窟だったら出演は遠慮すべきだと思うね。自分の頭で考えず、教祖様のロボットだから、彼らに何を言っても無駄。」

視聴者O「狂犬が何を信仰しようが勝手だが、狂犬東ちづるはSが海外ではオウムと同格の危険なカルトだとして認定されている事実をどう思うのか釈明して欲しいものだな。」

カルト構成要件の10項目
(「アラン・ジュスト報告書」)
(1)精神の不安定化、
(2)法外な金銭要求、
(3)住み慣れた生活環境からの隔絶、
(4)肉体的損傷、
(5)子供の囲い込み、←(子供の時からの洗脳、偏頗な価値観を植えつける教育現場が危ない)
(6)大なり小なりの反社会的な言説、←(当然デマなんか流して良いわけ無いよね)
(7)公共の秩序に対する錯乱、
(8)裁判沙汰の多さ、
(9)通常の経済回路からの逸脱、
(10)公権力に浸透しようとする企←(政治家の上納金の問題とか政教分離違反という事だろうな・・・・)て


カルトとの正体は全体主義ってことだろうね・・・・
個人の自由や権利、民主主義の対極に存在するもの
全体主義は軍国主義やファシズムと同じ戦争するための兵隊をつくる際洗脳に使う思想という事だろう。


全体主義(ぜんたいしゅぎ、totalitarianism)とは、
民衆一人一人の自由、権利を無視しても国家の利益、全体の利益が優先される政治原理、およびその原理からなされる主張のことである。歴史的には近現代において国カを全て総動員する戦間期にこうした主張があらわれたとされるが、今日でも、個人の自由や利益を制約する傾向が顕著な国家について「全体主義国家」あるいは「全体主義体制」の呼称があたえられている。個人主義や民主主義の対語として良く使われる。

戦争にしろ何にせよ
自己犠牲を美徳だと言い他人に強いる人間が
自らが他人の犠牲になることは無い。
なぜなら自己犠牲という言葉は、命・財産・金銭を搾取する側が
自らの強欲を正当化する詭弁に過ぎないからだ
。』

K記者「日本はカルトが政治や教育を歪めている。フランスの判断は正しい日本にもフランスのようにカルト禁止法が必要だ。この法律があったならば、カルトの内紛で公になったものの先の耐震偽装が、あそこまで隠蔽され続けることはなかったのではないだろうか。

狂犬 コメンテーター 東ちづる 放送法違反 フランス カルト 違法カルト 危険な全体主義 創価学会 公明党 自民党 民主党 菅直人 小沢一郎 カルト禁止法

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/10(土) 11:40:46|
  2. 俺様カルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●さる人=老害力 情報操作 問われるメディアの公正●

有権者A「民主党小沢党首を貶め、デマによって政治家1人を抹殺しかねないデマを垂れ流しにしたナベツネや御用新聞の所為が最悪なのは当然だが、福田総理がまったく被害者にはならないと思ね。」

有権者B「何故かって、福田総理は小泉政権の時田中真紀子外務大臣が機密費の不正を公にしようとしたところ、命の危険があると危惧される恫喝をして機密費の不正を積極的に隠蔽し、田中氏に嫌がらせの数々をして権力の場から追い出した張本人なわけだから、腹黒いとすればナベツネと福田総理は同じレベルで腹黒い。」

有権者C「しかしね、読売や産経どちらかといえば保守というより凶暴なネオコンといったイメージのメディアの傲慢さは酷いものだ。小沢氏の会見場自分たちの報道を事実無根と言われたことにカチンときたのだろうけれど『撤回しろ』とせまったものの、記事は自民党側一方の取材で垂れ流しにされたもので小沢氏や小沢氏の事務所へ一切取材していないというメディアとして最悪なデマ記事だと露呈させる結果となった。」

有権者D「今回の件で取材を持ちかけたら福田総理は『話したくない』と言ったようだが、話したくないで説明責任がスルーするっていうのは何だろうね。あれだけ小沢氏1人を悪者にして叩いて、小沢氏を叩いて利を得るのはナベツネよりも自民党の福田だろう?」

有権者E「どちらにしても話の分かる=一緒に国民を騙す相棒を民主党の党首にしたかった自民党やネオコンメディアの糞爺のナベツネがしでかした騒動。」

有権者F「何だったら、偽計を用いて世論を騒がせて、国政をストップさせた福田・森・ナベツネ・中曽根を凶暴罪で捕まえて欲しいものだ。」

有権者G「やはりね、小沢氏の辞意撤回後、平気で嘘をつく福田・森・ナベツネ・中曽根に一切取材していないじゃ報道の公正さなんいゼロだといわれても仕方ない。自民発だかナベツネ発だか一方的な取材でデマを垂れ流しにした犯人は虚偽風説の流布で捕まえて欲しいものだ。迷惑なメディアだ。」

有権者H「アメリカ戦争マニアブッシュ大統領のお使いが日本政府に給油の件で慌てて訪日したようだが、丁度良いタイミングで防衛省と武器屋の癒着で防衛省出身の武器屋が逮捕された。今後、横領が贈収賄まで進むか今後の捜査を期待したい。」

有権者I「ブッシュ大統領のお使いゲーツ国防長官の訪日はこのタイミングからすると、本当はインド洋海上給油に反対する小沢代表が民主党代表の座から退陣した後の訪米というのが腹黒日米政府のシナリオだったのでは?
テロとの戦争国際貢献と言えば何でも許されると思っているサル知恵にも呆れる。
日本福田内閣自民党鳩山邦夫アンポンタン法務大臣なんか『私の友人の友人はアルカイダ』発言で大騒ぎされたが、ブッシュ一族なんかテロ首謀者といわれるビンラディンとビジネスパートナーだと言われているじゃないか。
防衛利権・軍需利権⇒テロ産業
テロだテロだとテロリストとつるんで世界中を恐怖に貶め、自分たちはせっせと武器屋の商売に加担している。ふざけた話だ。
戦争で儲けたい日米の国策に邪魔な為政者を日米御用メディアが抹殺しようというシナリオならとんでもない事だ。
御用メディアを使った日米政府合作のテロだテロ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


有権者J「国連の判断が常に正しいとは限らない。それならば尚更、アメリカ一国の判断が常に正しいとは限らない。そればかりではない、戦争中毒のブッシュ大統領のテロとの戦争(アフガニスタン・イラク戦争)=武器屋を超え太らせるだけの暴政であり失政なのは国内外誰もが認知している。」

有権者K「『日本は戦争があったので(軍需産業が反映し)日本経済が上向きなった』などと平気で言う反社会的な老害中曽根やメディアを私物化して堕落させたナベツネは存在の価値が無い。老人力ならぬ老害力で戦争を起こさないうちに菌が拡散しないように隔離しておいたほうがいい。」


「友人の友人はアルカイダ」 鳩山法相、外国人記者らに
2007年10月29日20時21分 asahi.com

 鳩山法相は29日午後、東京都内での講演でインドネシア・バリ島の爆破テロ事件に言及し、「私の友人の友人がアルカイダ(国際テロ組織)だ。バリ島中心部の爆破事件に絡んでおり、私は中心部は爆破するから近づかないようにとアドバイスを受けていた」と発言した。200人以上が犠牲になった02年10月の事件を事前に知っていたとも取れる内容だったが、講演後に「友人に聞いた話で、私が発生前に爆破計画を知っていたということではない」などと発言内容を訂正した。



記者の質問に答える鳩山法相=29日午後5時23分、東京・霞が関で

 講演は日本外国特派員協会の主催で、約100人の外国人記者らが参加。日本政府が16歳以上の外国人から日本入国の際に指紋を採る制度を11月20日に導入することに関し、記者側からその必要性を問われた際、制度の意義を強調する例として事件に触れた。

 発言後、法相は文書でのコメントと記者会見で(1)自分も参加しているチョウ研究の国際的な愛好家グループの友人から「グループの中にアルカイダと思われる者がいて日本にも入ってきていた。爆破事件にも関与していた」という趣旨の話を聞いたことがあり、その友人の話を紹介した(2)アルカイダとされる人物はグループの1人で、グループの少なくとも1人に対して「爆破事件があるかもしれない」との事前の連絡をしたと自分は聞いている、と説明した。

 そのうえで、自分はその人物と友人でもなければ面識もない▽友人の話の真偽は確認していない▽この話を聞いたのは事件の3、4カ月後のこと――などと弁明した。

 釈明会見では「舌足らずで誤解を生む部分があったので明確に訂正したい」と述べた。人物が所属する組織についても「アルカイダと聞いているが、過激派グループに協力をしている人という意味かもしれない。断定的に言える状況にはなかった」と修正した。



元専務逮捕―防衛利権の疑惑に迫
社説 2007年11月09日(金曜日)付 asahi.com


 巨額な利権のからむ防衛省への装備品の納入疑惑解明に向けて、捜査のメスが入った。

 防衛省の守屋武昌・前防衛事務次官にゴルフなどの接待を繰り返してきた軍需専門商社「山田洋行」の宮崎元伸・元専務が、東京地検特捜部に逮捕された。同社の子会社から約1.2億円を不正に引き出したという業務上横領の容疑だ。

 これとは別に山田洋行本社でも裏金がつくられ、大半は前次官の接待に使われたとみられる。

 前次官は衆院の証人喚問で「接待の見返りに装備品の調達に便宜を図ったことはない」と述べた。しかし、山田洋行は昨年度までの5年間だけでも、防衛省から総額174億円の契約を受注している。その大半は随意契約だった。

 元専務は本当に前次官から便宜を図ってもらったことはないのか。たび重なる接待のねらいは何だったのか。特捜部は疑惑の全容を解明してもらいたい。

 元専務の前次官に対する接待は、度を超している。ゴルフの接待は200回を超える。前次官の夫人同伴のことも多く、費用丸抱えのゴルフ旅行もあった。

 宴席もたびたび囲んでいた。その席には防衛庁長官経験者ら複数の政治家が同席していたこともあった。そう前次官は証人喚問で述べた。

 接待の宴席にいたという国会議員はだれなのか。前次官は名前を明かすのを拒み、政界から自ら名乗り出る人はいない。特捜部はこの疑惑にも切り込み、装備品納入に政治家がどうかかわっていたのかを明らかにしてほしい。

 ほかにも、元専務と前次官との間には様々な疑惑が浮かんでいる。

 山田洋行は納めた装備品の代金を約1億円も多く請求したことがあったのに、処分されなかった。処分しなかったことに前次官はかかわっていないか。

 元専務は山田洋行とたもとを分かち、昨年9月に軍需専門商社「日本ミライズ」をつくった。前次官は日本ミライズの資金調達を助けるため、経済人に口利きしたのではないか。

 次期輸送機のエンジンについて、前次官は日本ミライズとの随意契約にするよう省内の会議で発言しなかったか。

 これらの疑惑に対し、前次官は国会では否定したり、「記憶にない」と語ったりした。その真偽も解明してほしい。

 兵器や装備品の調達にからむ不正や疑惑は後を絶たない。金額がふくらむうえに、機密の壁に囲まれ、外部から見えにくいのも一因だろう。

 戦前では、軍艦などの輸入をめぐり、旧日本海軍の高官らがワイロを受け取ったシーメンス事件が有名だ。戦後も70年代にP3C哨戒機やE2C早期警戒機の売り込みで政府関係者へ金が渡った疑惑が浮かんだが、解明に至らなかった。

 国会は来週、参院でも前次官の証人喚問をする予定だ。特捜部まかせにせず、防衛利権の疑惑に迫ってほしい。

NEWS ニュース 自民党 民主党 デマ 大政翼賛会 戦争屋 武器屋 森喜朗 小泉純一郎 さる人 大連立 シナリオ ナベツネ 中曽根 防衛省 汚職 疑獄事件 東京地検特捜部 読売新聞 産経新聞 民主党党首 小沢一郎 辞意撤回 続投

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/09(金) 04:19:01|
  2. 俺様メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●自民党悪意の情報操作 トンデモ腹黒総理と老害策士ら●

有権者A「小沢代表が辞意撤回をするようだ。良かった。それにしても日本の一部(朝日新聞・日経新聞以外の)メディアの腐敗振りはすさまじい。」

有権者B「御用アナリストや御用有識者が鼻息荒く次の選挙で勝たないとコールしているが。そういう御用な人々から今回福田貧乏くじがやらかした嘘や一部メディアのデマ放送法違反のメディアに関して一言もコメントが無い。」

有権者C「なんだかCultの洗脳ビデオのように垂れ流しでいただけない。」

有権者D「今回の自民党・民主党党首会談で偽計を用いた小沢氏叩き、民主党潰しが始まってから『福田』の『ふ』の字、自民党の『自』の自も批判の声が報道されない。異常だ。このこと自体メディアの腐敗を証明している。」

有権者E「福田総理は安全保障に関して民主党案丸のみを口約束して民主党小沢代表を騙し、本来は即決で大連合に対するYesをさせようとしたものの、計算が外れて小沢代表が民主党に持ち帰った。福田総理側の完全な誤算ということだろう。」

有権者F「だいたい、民主党へ持ち帰ったことでメディアが叩くのは本末転倒、党首として持ち帰ったことになんらもんだいは無い。」

有権者G「で、結局小沢氏の辞意表明により自民党の希望通りになるはずだったのだが・・・・
小沢氏は、辞表を鳩山氏にていしゅつしたものの、辞意表明において身柄は党に任せた。本当安倍総理のように投げ出して辞めるならば、身柄を党の判断に預けたりはしない。」

有権者H「小沢氏の代表辞任で一番喜ぶのは、民主党案を丸呑みにすると嘘まで付いて小沢氏を策にはめようとした自民党と福田総理。結果として辞意撤回という前向きな決着をされて一番困るのは、自民党と福田総理。嘘を付いて利を得る者が誰が犯人ということだろう。」

有権者I「ウフフフフの福田策士が策に溺れた。」

有権者J「国民に対して説明責任というならば、メディアヒステリーが何故野党第一党の民主党党首小沢代表にだけ向けられて、その間自民党と総理という最高権力の場にいながら平気で嘘を付く福田総理に対して何故なんらバッシングが無いと思っているのか?」

有権者K「自民党は民主党の支持率が下がるのを待っていると報道されているが、デマを流してなんら謝罪しない一部メディアの支持率を信じろというほうが無理だ。」

有権者L「小泉→安倍→福田とありもしない支持率を捏造して権力の場に温存していないという証拠は何一つ無い。」

有権者M「あさっぱらか鼻息荒いアーパー通行人たちが、ヒステリックに民主党批判。小沢氏批判の快。何故自民党や福田に対する批判が一つも流れないのか?」

有権者N「廃棄処分にすべきナベツネ糞爺が、党首会談の様子だとしてコメントを述べていたが、諸悪の根源腐れ爺のコメントなど誰が信用するのか?」

有権者O「今回自民党がデマまで流して野党党首を貶めた手法は民主党だけの問題じゃない。今後武器屋と吊るんだ自民党が私利私欲の改憲を実現させるために、巨額のメディアを使って治外法権でやりまくる事だろう。」

有権者P「情報操作を鵜呑みにした自分で者を考えない自称通行人たちの聞くに堪えない暴言も垂れ流しとなって」

有権者Q「一部メディア関係者ナベツネ爺が政治に介入して、自民党の利益の為に野党党首を貶める策に自ら加担し、デマ報道をするなんて常軌を逸している。ファシズムメディアだ。」

有権者R「大政翼賛会の再来を希望する老害策士一味中曽根。ナベツネ森はそんなに戦争したいなら、歴史教科書に名を残すため米軍の戦闘機に搭載した爆弾に身体をくくりつけてもらって空爆に利用してもらえばいい。」

有権者S「自分たちは年を取っていてもう戦争に行かなくていいとおもっているものだから次の世代のことなんてこれっぽっ地も考えていない老害改憲論者の中曽根が『やっと国民の皆様によって憲法が出来ます』なんて国民を騙しているが、本来現憲法は為政者の暴走を食い止めるもの、為政者が憲法で縛られていているから国民は戦争で人殺しをしたり戦死しないで済んでいる。」

有権者T「間違ってはいけない、非難されるべきは、自民党・腹黒福田・腐れ爺中曽根。糞爺ナベツネ、諸悪の根源森の方だ。」

有権者U「『選挙で勝たない』というCultの洗脳ビデオのような報道は視聴者をミスリードする悪意の報道だろう。だったら、『総理総裁が平気で嘘を付く自民党が選挙で勝つ』と報道してはどうか。」

有権者V「民主党の石井一議員や原口議員は骨があるし、説得力がある。」

有権者W「田中真紀子議員が言うように『(福田総理の)姑息な手口』という表現がピッタリだ」

有権者X「自民党福田政権の一番の誤算は、民主党小沢代表が即答せず、党へ持ち帰ったこと、小沢氏が辞意撤回へ動いて、野党第一党の党首を自分たちに都合のいい前原議員や岡田議員に替えられなかった事。」

有権者Y「いみじくもコバンザメ山本一太議員が、小沢氏が党首として復活することは一番自民党にとって厄介だとする旨の発言をしていた事だし、とにかく自民党にとって小沢代表は嫌な存在だったのだろう。」

K記者「自民党福田総理側が画策した党首会談は、自民党の情報操作、機密費で操られる一部メディアの悪辣さ、腹の中真っ黒の福田策士らが策に溺れたという事を露呈さる結果となるだろう。今後も自民党に都合のいい世論調査モドキや国策の一環の情報操作にはご用心ご用心。教育改革というならばまず子供の時から人を見る目を養うべきだ。民主党にエールを贈ろう」

NEWS ニュース 自民党 情報操作 放送法違反 腹黒い 福田総理 老害 策士 中曽根康弘 ナベツネ 民主党 小沢一郎 党首 続投

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/07(水) 11:32:49|
  2. 貧乏くじ総理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●自民党悪意の情報操作 トンデモ腹具総理と老害策士ら●

有権者A「小沢代表が辞意撤回をするようだ。良かった。それにしても日本の一部(朝日新聞・日経新聞以外の)メディアの腐敗振りはすさまじい。」

有権者B「御用アナリストや御用有識者が鼻息荒く次の選挙で勝たないとコールしているが。そういう御用な人々から今回福田貧乏くじがやらかした嘘や一部メディアのデマ放送法違反のメディアに関して一言もコメントが無い。」

有権者C「なんだかCultの洗脳ビデオのように垂れ流しでいただけない。」

有権者D「今回の自民党・民主党党首会談で偽計を用いた小沢氏叩き、民主党潰しが始まってから『福田』の『ふ』の字、自民党の『自』の自も批判の声が報道されない。異常だ。このこと自体メディアの腐敗を証明している。」

有権者E「福田総理は安全保障に関して民主党案丸のみを口約束して民主党小沢代表を騙し、本来は即決で大連合に対するYesをさせようとしたものの、計算が外れて小沢代表が民主党に持ち帰った。福田総理側の完全な誤算ということだろう。」

有権者F「だいたい、民主党へ持ち帰ったことでメディアが叩くのは本末転倒、党首として持ち帰ったことになんらもんだいは無い。」

有権者G「で、結局小沢氏の辞意表明により自民党の希望通りになるはずだったのだが・・・・
小沢氏は、辞表を鳩山氏にていしゅつしたものの、辞意表明において身柄は党に任せた。本当安倍総理のように投げ出して辞めるならば、身柄を党の判断に預けたりはしない。」

有権者H「小沢氏の代表辞任で一番喜ぶのは、民主党案を丸呑みにすると嘘まで付いて小沢氏を策にはめようとした自民党と福田総理。結果として辞意撤回という前向きな決着をされて一番困るのは、自民党と福田総理。嘘を付いて利を得る者が誰が犯人ということだろう。」

有権者I「ウフフフフの福田策士が策に溺れた。」

有権者J「国民に対して説明責任というならば、メディアヒステリーが何故野党第一党の民主党党首小沢代表にだけ向けられて、その間自民党と総理という最高権力の場にいながら平気で嘘を付く福田総理に対して何故なんらバッシングが無いと思っているのか?」

有権者K「自民党は民主党の支持率が下がるのを待っていると報道されているが、デマを流してなんら謝罪しない一部メディアの支持率を信じろというほうが無理だ。」

有権者L「小泉→安倍→福田とありもしない支持率を捏造して権力の場に温存していないという証拠は何一つ無い。」

有権者M「あさっぱらか鼻息荒いアーパー通行人たちが、ヒステリックに民主党批判。小沢氏批判の快。何故自民党や福田に対する批判が一つも流れないのか?」

有権者N「廃棄処分にすべきナベツネ糞爺が、党首会談の様子だとしてコメントを述べていたが、諸悪の根源腐れ爺のコメントなど誰が信用するのか?」

有権者O「今回自民党がデマまで流して野党党首を貶めた手法は民主党だけの問題じゃない。今後武器屋と吊るんだ自民党が私利私欲の改憲を実現させるために、巨額のメディアを使って治外法権でやりまくる事だろう。」

有権者P「情報操作を鵜呑みにした自分で者を考えない自称通行人たちの聞くに堪えない暴言も垂れ流しとなって」

有権者Q「一部メディア関係者ナベツネ爺が政治に介入して、自民党の利益の為に野党党首を貶める策に自ら加担し、デマ報道をするなんて常軌を逸している。ファシズムメディアだ。」

有権者R「大政翼賛会の再来を希望する老害策士一味中曽根。ナベツネはそんなに戦争したいなら、歴史教科書に名を残すため米軍の戦闘機の爆弾に身体をくくりつけてもらって空爆に利用してもらえばいい。」

有権者S「自分たちは年を取っていてもう戦争に行かなくていいとおもっているものだから次の世代のことなんてこれっぽっ地も考えていない老害改憲論者の中曽根が『やっと国民の皆様によって憲法が出来ます』なんて国民を騙しているが、本来現憲法は為政者の暴走を食い止めるもの、為政者が憲法で縛られていているから国民は戦争で人殺しをしたり戦死しないで済んでいる。」

有権者T「間違ってはいけない、非難されるべきは、自民党・福田・中曽根。ナベツネの方だ。」

有権者U「『選挙で勝たない』というCultの洗脳ビデオのような報道は視聴者をミスリードする悪意の報道だろう。だったら、『総理総裁が平気で嘘を付く自民党が選挙で勝つ』と報道してはどうか。」

有権者V「民主党の石井一議員や原口議員は骨があるし、説得力がある。」

有権者W「田中真紀子議員が言うように『(福田総理の)姑息な手口』という表現がピッタリだ」

有権者X「自民党福田政権の一番の誤算は、民主党小沢代表が即答せず、党へ持ち帰ったこと、小沢氏が辞意撤回へ動いて、野党第一党の党首を自分たちに都合のいい前原議員や岡田議員に替えられなかった事。」

有権者Y「いみじくもコバンザメ山本一太議員が、小沢氏が党首として復活することは一番自民党にとって厄介だとする旨の発言をしていた事だし、とにかく自民党にとって小沢代表は嫌な存在だったのだろう。」

K記者「自民党福田総理側が画策した党首会談は、自民党の情報操作、機密費で操られる一部メディアの悪辣さ、腹の中真っ黒の福田策士らが策に溺れたという事を露呈さる結果となるだろう。今後も自民党に都合のいい世論調査モドキや国策の一環の情報操作にはご用心ご用心。教育改革というならばまず子供の時から人を見る目を養うべきだ。民主党にエールを贈ろう」

NEWS ニュース 自民党 情報操作 放送法違反 腹黒い 福田総理 老害 策士 中曽根康弘 ナベツネ 民主党 小沢一郎 党首 続投

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/07(水) 11:32:22|
  2. 貧乏くじ総理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●自民党悪意の情報操作 トンデモ腹黒総理と老害策士ら●

有権者A「小沢代表が辞意撤回をするようだ。良かった。それにしても日本の一部(朝日新聞・日経新聞以外の)メディアの腐敗振りはすさまじい。」

有権者B「御用アナリストや御用有識者が鼻息荒く次の選挙で勝たないとコールしているが。そういう御用な人々から今回福田貧乏くじがやらかした嘘や一部メディアのデマ放送法違反のメディアに関して一言もコメントが無い。」

有権者C「なんだかCultの洗脳ビデオのように垂れ流しでいただけない。」

有権者D「今回の自民党・民主党党首会談で偽計を用いた小沢氏叩き、民主党潰しが始まってから『福田』の『ふ』の字、自民党の『自』の自も批判の声が報道されない。異常だ。このこと自体メディアの腐敗を証明している。」

有権者E「福田総理は安全保障に関して民主党案丸のみを口約束して民主党小沢代表を騙し、本来は即決で大連合に対するYesをさせようとしたものの、計算が外れて小沢代表が民主党に持ち帰った。福田総理側の完全な誤算ということだろう。」

有権者F「だいたい、民主党へ持ち帰ったことでメディアが叩くのは本末転倒、党首として持ち帰ったことになんらもんだいは無い。」

有権者G「で、結局小沢氏の辞意表明により自民党の希望通りになるはずだったのだが・・・・
小沢氏は、辞表を鳩山氏にていしゅつしたものの、辞意表明において身柄は党に任せた。本当安倍総理のように投げ出して辞めるならば、身柄を党の判断に預けたりはしない。」

有権者H「小沢氏の代表辞任で一番喜ぶのは、民主党案を丸呑みにすると嘘まで付いて小沢氏を策にはめようとした自民党と福田総理。結果として辞意撤回という前向きな決着をされて一番困るのは、自民党と福田総理。嘘を付いて利を得る者が誰が犯人ということだろう。」

有権者I「ウフフフフの福田策士が策に溺れた。」

有権者J「国民に対して説明責任というならば、メディアヒステリーが何故野党第一党の民主党党首小沢代表にだけ向けられて、その間自民党と総理という最高権力の場にいながら平気で嘘を付く福田総理に対して何故なんらバッシングが無いと思っているのか?」

有権者K「自民党は民主党の支持率が下がるのを待っていると報道されているが、デマを流してなんら謝罪しない一部メディアの支持率を信じろというほうが無理だ。」

有権者L「小泉→安倍→福田とありもしない支持率を捏造して権力の場に温存していないという証拠は何一つ無い。」

有権者M「あさっぱらか鼻息荒いアーパー通行人たちが、ヒステリックに民主党批判。小沢氏批判の快。何故自民党や福田に対する批判が一つも流れないのか?」

有権者N「廃棄処分にすべきナベツネ糞爺が、党首会談の様子だとしてコメントを述べていたが、諸悪の根源腐れ爺のコメントなど誰が信用するのか?」

有権者O「今回自民党がデマまで流して野党党首を貶めた手法は民主党だけの問題じゃない。今後武器屋と吊るんだ自民党が私利私欲の改憲を実現させるために、巨額のメディアを使って治外法権でやりまくる事だろう。」

有権者P「情報操作を鵜呑みにした自分で者を考えない自称通行人たちの聞くに堪えない暴言も垂れ流しとなって」

有権者Q「一部メディア関係者ナベツネ爺が政治に介入して、自民党の利益の為に野党党首を貶める策に自ら加担し、デマ報道をするなんて常軌を逸している。ファシズムメディアだ。」

有権者R「大政翼賛会の再来を希望する老害策士一味中曽根。ナベツネはそんなに戦争したいなら、歴史教科書に名を残すため米軍の戦闘機の爆弾に身体をくくりつけてもらって空爆に利用してもらえばいい。」

有権者S「自分たちは年を取っていてもう戦争に行かなくていいとおもっているものだから次の世代のことなんてこれっぽっ地も考えていない老害改憲論者の中曽根が『やっと国民の皆様によって憲法が出来ます』なんて国民を騙しているが、本来現憲法は為政者の暴走を食い止めるもの、為政者が憲法で縛られていているから国民は戦争で人殺しをしたり戦死しないで済んでいる。」

有権者T「間違ってはいけない、非難されるべきは、自民党・福田・中曽根。ナベツネの方だ。」

有権者U「『選挙で勝たない』というCultの洗脳ビデオのような報道は視聴者をミスリードする悪意の報道だろう。だったら、『総理総裁が平気で嘘を付く自民党が選挙で勝つ』と報道してはどうか。」

有権者V「民主党の石井一議員や原口議員は骨があるし、説得力がある。」

有権者W「田中真紀子議員が言うように『(福田総理の)姑息な手口』という表現がピッタリだ」

有権者X「自民党福田政権の一番の誤算は、民主党小沢代表が即答せず、党へ持ち帰ったこと、小沢氏が辞意撤回へ動いて、野党第一党の党首を自分たちに都合のいい前原議員や岡田議員に替えられなかった事。」

有権者Y「いみじくもコバンザメ山本一太議員が、小沢氏が党首として復活することは一番自民党にとって厄介だとする旨の発言をしていた事だし、とにかく自民党にとって小沢代表は嫌な存在だったのだろう。」

K記者「自民党福田総理側が画策した党首会談は、自民党の情報操作、機密費で操られる一部メディアの悪辣さ、腹の中真っ黒の福田策士らが策に溺れたという事を露呈さる結果となるだろう。今後も自民党に都合のいい世論調査モドキや国策の一環の情報操作にはご用心ご用心。教育改革というならばまず子供の時から人を見る目を養うべきだ。民主党にエールを贈ろう」

NEWS ニュース 自民党 情報操作 放送法違反 腹黒い 福田総理 老害 策士 中曽根康弘 ナベツネ 民主党 小沢一郎 党首 続投

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/07(水) 11:31:54|
  2. 貧乏くじ総理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●民主党小沢代表続投 捨て身の攻防 アーパーメディアは何処まで堕ちるのか●

有権者A「小沢氏は信念の人『憂国』だと言われている。必ず続投すると思うし、続投しなければならない政治家だ。」

有権者B「小沢氏の本を読めば分かるよ、自民党は『大連立』などと言いながら口先だけで、連立相手の公明党を動揺させ、民主党内部を分裂させるためだから、そもそも国民のために連立する意思も無ければ、連立など出来る相手じゃない事は百も周知だ。
民主党の政権担当能力を否定する発言もメディアの情報操作にいとも簡単に乗って右往左往するならばこのままでは無理だと叱咤されても仕方ないし、そこまで言わなければ自民党の狐狸が尻尾を出さない。

現にこの発言で、民主党も潰れるとほくそ笑んだ福田総理は、大連立を申し立てたのが自分であることも、テロ特糞新法の成立にこだわらないと小沢氏に言った事実さえもトボケて否認した。
嘘をついたのは明らかに福田総理の方だ。

党首会談で福田総理本人が言ったことさえ否認するような信用なら無い人間性を国民に露呈させたではないか。
今回の件で求心力が落ちるのは小沢党首ではなく福田総理の方だ。

又、民主党が選挙では勝たないと言っているのは、仮に選挙をしても自民党は多数のメディアを使って今回のように悪辣な情報操作をするから若い党、若さだけでは選挙は勝てない。
ようは、裁判所の調書や証拠を偽造されたら正義が勝たないというのと同じ事を言いたかったのだろう。すべては国民や民主党の今後のためを思って捨て身で知らせたんだ
。」

有権者C「今回の件で朝日新聞と日経新聞以外メディアではなくただの御用スピーカーに成り下がった
読売新聞はまるで凶暴なナチスだな・・・・
反則亀ボクサー親子で儲けているTBSは朝からでアーパーな通行人に小沢氏をボロクソクソに言わせている録画を世論だとして垂れ流しにしているけれど悪質極まりない。
非難されるべきは、デマを撒いて政治をゆがめているメディアや、その背後で蠢く廃棄処分にした方がいい権力亡者中曽根やナベツネの糞ジジイらだろう。

与党関係カルト系タレントオンパレードのTBSワイドショーガングロ小猿のようなアナウンサーなんか永田町で流れているデマですと言いながらデマを流している、自民党が流したデマだと何故言わない?」

有権者D「デマを垂れ流しにしたメディアは謝罪もせずに小沢叩きでもないだろう。そんな資格など無い。たまたまと売りすがりの与党指支持者やたまたま通りかかったCultの信者やたまたま通りすがった防衛省の奥様に聞いたとか?完全に悪意の報道完全な放送法違反だ。」

有権者E「小沢氏が続投を申し出られて『ありがとう』と言ったのは、民主党が政権を得るため選挙に勝つため捨て身の攻防をした事を『分かってくれてありがとう』という意味だと理解する。」

有権者F「機密費の毒饅頭を食らったメディアや、アーパーなメディアは仕方ないが、有権者は表層だけではなく真意や本音というものも理解しようと努力しないと、自民党の情報操作を鵜呑みにして又も戦争へと突き進むことだろう。もっと目を開けて耳を澄まして真意を読まないといけない。」

有権者G「これから選挙になれば自民党は、メディアを操って民主党や小沢氏を貶める、自民党福田内閣はそういう卑怯な手口を使う党だという事を民主党議員や国民に知らせたんだよ。いい加減子供じゃあるまいし表層だけ見てビイビイ騒ぐなよ。もし、この小沢氏の真意が読めないのなら政治家には向かない。」

有権者H「非常に危険な、しかし民主党党首としてやらなければならないMissionだったのだと思う。」

有権者I「ファシズムの牙城に乗り込んで、今のファシズム自民党の危険さを民主党の若い議員や国民に知らせたんだよ。民主主義の危機だって事を」

有権者J「自民党が政権に温存するために野党に大連立申し出をする事が、自民党の口先だけの大嘘だなんて小沢氏が一番良く知っている。」

有権者K「政府の機密費で飼われている御用評論家や政治ジャーナリストの嘘にもうんざり。」

有権者L「カルト系タレントや哲学書一冊読まないような、他人の中傷しか書かない一部のゴシップ週刊誌しか読まないようなアーパーな通行人の戯言を垂れ流しにして世論誘導なんかするな。メディアの犯罪だよ。メディアは何処まで堕ちるのか。」

有権者M「法当方違反を回避するために、待ちがトインタビューを装った悪辣な情報操作だと思うね。大体シダシのオバちゃんやオジちゃんで、街角インタビューの常連ってこともあるしね。」

有権者N「性懲りも無く必死になって続投しても党内求心力が堕ちるなんてアーパーメディアが垂れ流しにしているが、ネオコンメディアと阿吽の呼吸で大連立を画策し失敗した福田総理の党内求心力が堕ちるの間違いだろうって、小沢代表辞意表明の時は笑いをかみ殺していたが、今では真顔になっている。」

有権者O「小沢代表が大連立が民意ではない事を一番理解している。
そして自民党が政権に温存するためなら今回のようにメディアを使ってデマを流して悪辣な情報操作をしてくるという事実を身を呈して明らかにしたんだ。国民の為に民主党が選挙で勝つためのショック療法だよ。」

有権者P「辞意撤回に関して、国民に対して説明責任などない。
まず国民に謝罪すべきは私利私欲大増税や改憲のために大連立を画策した自民党・中曽根・ナベツネ・読売新聞が謝罪すべきだ。
一メディアが、自民党に加担してデマで情報操作するなど言語道断。虚偽風説の流布が犯罪なら、メディアで特定の政党の利益を図り虚偽を垂れ流しにするのは犯罪行為だ。今回のようなメディアの暴挙を許したら戦争なんてすぐ起こせる。
かつて軍の意のままに戦争を煽り、国策に都合のいい虚偽を垂れ流しにし国民を騙し続けたメディアのトップも戦後戦犯として逮捕された過去を忘れたのだろうか
?」

K記者「今回は、日本の将来を憂いて非常に高度なMissionを遂行した小沢氏は賞賛に値する。
国民がどう思うかではなく小沢氏の真意が何か民主党議員や国民はよく考えて知るべきだ。
小沢氏代表続投は当然。真意が分からないようなボンクラな政治家は即刻政治家など辞めるべきだ。」


NEWS ニュース 自民党 福田康夫 情報操作 民主党 小沢一郎 捨て身の攻防 朝日新聞 日本経済新聞 衆議院 総選挙 大連立 大政翼賛会 ネオコンメディア 読売新聞

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/06(火) 14:56:06|
  2. 俺様メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●ネオコンメディアと阿吽の呼吸 貧乏くじ総理の本性●

有権者A「貧乏くじ総理が民主党小沢代表の辞意表明まで追い詰めたとは、やはりワルよのぉ」

有権者B「大連立の申し出を自分がしながら『阿吽の呼吸』だとさ、かました事になるから、自分だとは白状しない、小沢氏を失脚させるのが゜目的だから『阿吽の呼吸』だなどと平気でホラを吹く」

有権者C「小沢氏はナチス福田総理の腹黒い本性とネオコンメディアの悪辣さを国民に晒しただけでも功労者という事だろう。」

有権者D「福田総理が言うように確かに阿吽の呼吸はあったが小沢氏との間ではなく、小沢氏や民主党を貶める報道をした一部のネオコンメディアと福田総理と間で阿吽の呼吸ということだろう。恐ろしき魑魅魍魎(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

有権者E「だからといって何か企んでいるような上目使いの岡田議員も、常に企んでいる前原議員も民主党党首の器じゃない。小沢氏が代表になる時点から与党からの岡田コールってやっぱりヘンだよね。」

有権者F「民主党に打撃を与えられたなどと喜んでいるのも今のうち
ベテランの小沢氏までも毒牙にかけた自民党福田政権の腹黒さのみが国民に知られただけ。」

有権者G「小沢氏は辞任する必要なし。それが無理でも前原・岡田元代表では国民から信頼されない。民主党代表は菅さんしかいないよ。がんばれ

有権者H「アメリカを見ればいい、好戦的な為政者はいらないと言うことだ。」

有権者I「クリンチの次は放送法違反デマの垂れ流し・・・・・反則技で勝ったつもり?の自民党・・・・反則ボクサー亀式政治手法とは笑えない。読売新聞のした事はメディアを逸脱して違法。だから大連立を画策し凶暴な大政翼賛会を作ろうとした権力亡者たちの中曽根風見鶏と渡部の糞爺の『国民のため』という詭弁を繰り返す老策士は罪が重い・・・・・」

有権者J「悪政小泉政権の悪~い取り巻きを総理大臣に据えただけなのがわかってよかったと思うね。」

有権者K「大連立を福田総理が『自分からの申し出です』と言えばまだ誠実さを演じられたものを『どちらとも言わず阿吽の呼吸』なんてコメントでは、小沢氏が一方的に嘘をついた印象になる。おぬしら何処までもワルよのぉ。」

有権者L「気の小さい弱気のオラウータンみたいな風情で、実は超腹黒。誰だよ人柄が良いなんてインチキ世論調査を垂れ流しにしたのは。」

有権者M「前総理が二枚舌ならば、現総理の舌は二枚どころではない。」

有権者N「世界中が危険視するよ、日本政府のクリンチ作戦には気をつけろって

有権者O「信頼される日本(政府)はほど遠くなったな・・・・」

有権者P「民主党党首を貶めるデマを垂れ流しメディアと阿吽の呼吸で自民党政権維持のカラクリ?おい、国民はそこまで馬鹿じゃないゾ。」


連立持ちかけ 首相「あうんの呼吸、そんな感じ」
2007年11月05日12時32分 asahi.com

 福田首相は5日昼、首相官邸で記者団に対し、「連立政権が成立すれば補給支援特措法案の成立にこだわらないと首相が確約した」との小沢民主党代表の説明について、「私どもは新法は何とか可決していただきたい、給油活動はぜひやりたいと思っている。一貫してそういうふうに考えている」と述べ、そうした趣旨の発言はしていないと説明した。

 小沢氏が「自衛隊の海外派遣は国連決議で認められた活動に限ると首相が確約した」と説明している点については、「そういう話もあった」としたうえで、「国連決議が出て、じゃあ何でもかんでもやるのかということになるのかどうか。その辺はよく詰めなければいけない。国会でも議論しなければいけない。終わっちゃった話だが、もし連立協議になれば、その中で具体的なことを考えていかなければならない(という話だった)」と述べた。

 連立協議をどちらが持ちかけたかについては、「互いにそういう気持ちが多少でもないと、そういうことにならない。あうんの呼吸、そんな感じじゃないか」と語った。

 一方、町村官房長官は同日午前の記者会見で、「特措法を成立させる意思がなければ、党首会談をこのタイミングでやる意味はない。法案成立にこだわらない、と小沢さんがご理解されたのは理解に苦しむ」と述べた。

 町村氏はまた、「(自衛隊の海外派遣は)国連安保理もしくは総会決議で認められたものに限るというのは小沢代表の持論だ。この基本法(恒久法)の法制化を前提として、補給活動を遅滞なく継続することにお互い協力しましょう、という了解だった」との認識を示した。

 連立を組んだ場合の閣僚ポストについて議論したかどうかは「ポストをうんぬんする時間的なゆとりがあったとはとても思えない、と考えるのが常識だ。どういう政策協議をどういうテーマでするかを議論する第一歩なしに、閣僚ポストの話はできようはずはない」と語った。

NEWS ニュース 自民党 福田総理 クリンチ 腹黒い 民主党 小沢党首 辞意表明 メディア 阿吽の呼吸 放送法違反

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/05(月) 15:58:08|
  2. 貧乏くじ総理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●放送法違反 テロより怖いナチ自民党情報操作の恐怖●

有権者A「自民党福田総理と民主党小沢党首の突然の党首会談より驚いたのは、二度目の党首会談後のメディアヒステリーだ。小沢党首も述べているようにまったくの悪意の報道だと思うね。
『大連立は小沢党首からの申し出という』まったくのデマ。小泉安倍とファシズム総理が逝ってもファシズムの芽は生きているということなのだろう。ともするとクリンチ福田政権の方が、もっとシタタカでワルの集団ということだと思うね。」

有権者B「実際『大連立は小沢代表からの申し出』だという自民党に都合のいいデマを垂れ流しにした放送曲は放送法違反じゃないかと思うね。」

有権者C「安倍政権を作る際、自民党9割が安倍指示に回ったとの虚偽を垂れ流しにして議員たちを煽り安倍票をあやそうと画策したメディアと同じ手法だ。」

有権者D「だとすると一部のメディアを除く今のメディアはインド洋給油賛成って事なんだろうね・・・・また偽装赤福ならぬ機密費の毒饅頭を食らってメディアの公正が死んだとか・・・・・」

有権者E「デマを報道したメディアは謝罪すべきだ。」

有権者F「なんだかネオコンメディアが野犬化しているようで気味が悪いな・・・無法地帯だ」

有権者G「小泉元総理や東国原宮崎県知事は常にヨイショ一方で、YASUKUNI Cult議員やオイル利権に群がる政官にとって小沢氏は目の上のタンコブなんだろう」

有権者H「小沢氏曰く今選挙をやっても民主党は厳しいという理由に、先の防衛省と防衛省出身の武器屋の疑惑に自民党議員だけではなく民主党のネオコンも関係しているからではないのだろうか?だったらそいつを離党させるなり処分すればいいだけだと思うのだが・・・・自民党議員なんか武器屋からの政治献金貰っていたからって誰一人返却していないしな。」

有権者I「一応放送法を紹介しておくけれど、今回民主党を壊しにかかっている凶暴なメディアは政治的に公平どころじゃなくて、公正でもない根も葉もないデマを意図的に自民党に都合よく垂れ流しにするなんて本当異常だよ。
こんなこと許したら、デマで人を社会的に抹殺できる。
デマ報道でまんまと民主党内を疑心暗鬼にさせ小沢党首辞任表明するまでに追い詰めたんだから責任は重大だと思うね。
小泉元総理や安倍前総理にそんなデマ報道したかって・・・
軍事政権の北朝鮮やミャンマーなんてもんじゃない。武器を使わずして人を抹殺するなんて危険だよ危険。」

**********************************************

(国内放送の放送番組の編集等)第3条の2 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること

4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


***********************************************


ナチスの情報操作じゃあるまいし、当然デマを流して世論誘導なんてもってのほか


有権者J「福田総理本人が連立を持ちかけたのは自分だといわないこと自体不可解。やっぱり党首会談に誘っておいて貶めたって思われても仕方ないね・・・・超腹黒い」

有権者K「メディアは告発者を貶めたり、野党党首を貶めたりで忙しいなぁ・・・・」

有権者L「裏を取らずに報道するのブラックジャーナリズムらしいからオセロのように白黒反転したとか?」

有権者M「ナチス政権の世論をミスリードさせるための情報操作と認識されても仕方ないね。」

有権者N「仮に、小沢党首が本当に辞任するならば、党内に不協和音を立てる原因となったデマ報道を垂れ流したメディアへの調査依頼をした方がいい。このぶんだと政府とメディアの連携でヤラセで戦争なんてあっという間に起こせるわけだから。とんでもない事だ。」

有権者O「ようは毒饅頭だろうと機密費のおこぼれをくれるのは政府与党ということだから、饅頭食らってヒステリーってことか?」

有権者P「今後隠れ自民党 ネオコン前原・岡田が党首では選挙は勝てなくて当然。与党を嫌った国民の票をみすみす捨てるなんて信じられないね。彼らが党首になるとは自民党の希望だしね」

有権者Q「自民党と連立は反対だが、小沢氏が辞任する必要は無いと思うが・・・・・『選挙で゜勝たない』って台詞は禁句だと思う。仮に、小沢氏がどうしても党首を辞任するなら、暗~い顔して苦虫噛み潰したり危機感を煽って国民を不安に貶める軍事マニアではなく、これからの時代はアメリカで言えば大統領になって欲しいゴア氏や、オバマ氏のようなリーダーが必要、民主党菅議員や原口議員のような明朗な性格の党首じゃないと国民から支持されない選挙で勝つのは無理だろう・・・・・


小沢氏「混乱にけじめ」 「報道に憤り」とも 会見全文
2007年11月04日18時48分 asahi.com


 民主党の小沢代表が4日、開いた辞意表明会見での全発言は以下の通り。(別に質疑応答での全発言)

 民主党代表としてけじめをつけるに当たって私の考えを述べたい。福田総理の求めによる2度にわたる党首会談で、総理から要請のあった連立政権樹立を巡り、政治的混乱が生じた。民主党内外に対するけじめとして、民主党代表の職を辞することを決意し、本日、辞職願を提出し、私の進退を委ねた。

 代表の辞職願を出した第1の理由。11月2日の党首会談において、福田総理は、衆参ねじれ国会で、自民、民主両党がそれぞれの重要政策を実現するために連立政権をつくりたいと要請された。また、政策協議の最大の問題である我が国の安全保障政策について、きわめて重大な政策転換を決断された。

 首相が決断した1点目は、国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は国連安保理、もしくは国連総会の決議によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る、したがって特定の国の軍事作戦については、我が国は支援活動をしない。2点目は、新テロ特措法案はできれば通してほしいが、両党が連立し、新しい協力体制を確立することを最優先と考えているので、あえてこの法案の成立にこだわることはしない。

 福田総理は以上の2点を確約された。これまでの我が国の無原則な安保政策を根本から転換し、国際平和協力の原則を確立するものであるから、それだけでも政策協議を開始するに値すると判断した。

 代表の辞職願を出した第2の理由。民主党は、先の参議院選挙で与えていただいた参議院第一党の力を活用して、マニフェストで約束した年金改革、子育て支援、農業再生を始め、国民の生活が第一の政策を次々に法案化して、参議院に提出している。しかし、衆議院では自民党が依然、圧倒的多数占めている。

 このような状況では、これらの法案をすぐ成立させることはできない。ここで政策協議をすれば、その中で、国民との約束を実行することが可能になると判断した。

 代表辞任を決意した3番目の理由。もちろん民主党にとって、次の衆議院選挙に勝利し、政権交代を実現して国民の生活が第一の政策を実行することが最終目標だ。私も民主党代表として、全力を挙げてきた。しかしながら、民主党はいまだ様々な面で力量が不足しており、国民の皆様からも、自民党はだめだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか、という疑問が提起され続けている。次期総選挙の勝利はたいへん厳しい。

 国民のみなさんの疑念を一掃させるためにも、政策協議をし、そこで我々の生活第一の政策が採り入れられるなら、あえて民主党が政権の一翼を担い、参議院選挙を通じて国民に約束した政策を実行し、同時に政権運営の実績も示すことが、国民の理解を得て、民主党政権を実現させる近道であると判断した。

 政権への参加は、私の悲願である二大政党制に矛盾するどころか、民主党政権実現を早めることによって、その定着を実現することができると考える。

 以上のような考えに基づき、2日夜の民主党役員会で福田総理の方針を説明し、政策協議を始めるべきではないかと提案したが、残念ながら認められなかった。

 それは、私が民主党代表として選任した役員から不信任を受けたに等しい。よって、多くの民主党議員、党員を指導する民主党代表として、党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対しても、けじめをつける必要があると判断した。

 もう一つ。中傷報道に厳重に抗議する意味において、考えを申し上げる。福田総理との党首会談に関する報道について、報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、強い憤りをもって厳重に抗議したい。特に11月3、4両日の報道は、まったく事実に反するものが目立つ。

私の方から党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、今回の連立構想について、小沢首謀説なるものが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根。党首会談、および会談に至るまでの経緯、内容について、私自身も、そして私の秘書も、どの報道機関からも取材を受けたことはなく、取材の申し入れもない。

 それにもかかわらず事実無根の報道がはんらんしていることは、朝日新聞、日経新聞を除き、ほとんどの報道機関が、自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それによって、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な中傷であり、強い憤りを感じる。

 このようなマスメディアのあり方は、明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争に突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。

 また、自己の権力維持のため、報道機関に対し、私や民主党に対する中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥じるところがないか、自分自身に問うてもらいたい。

 報道機関には、冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。


NEWS ニュース 自民党 民主党 党首会談 小沢代表 辞意表明 ネオコン 情報操作 世論誘導 ナチ 前原 岡田 策略 陰謀 武器屋 防衛省 汚職 暗黒の時代 アメリカ ゴア オバマ 菅直人 原口

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/05(月) 10:19:30|
  2. 俺様メディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●クリンチ作戦木端 腐ったミカンと大連立●  

有権者A「卑怯なクリンチ作戦を続ける貧乏くじ総理が民主党小沢党首へ連立を申し出たようだけれど・・・・戦前戦中の体制じゃあるまいし・・・政府与党はよほど焦っているんだろうなぁ」

有権者B「で、小沢代表は一旦民主党へその旨伝えて協議の結果賛成ゼロでお断りしたようだ。」

有権者C「めでたしめでたしのところを、結果がメディアの誤算だったのか、ネオコンたちの悪あがき『何故党首会談は密室政治だからしないと言っていたのにこの場で党首会談に応じたのか』『何故民主党小沢党首は連立の誘いをその場で断わらなかったのか』『連立の呼びかけは小沢氏からのもの』だとする煽りやデマで民主党小沢党首の
信用を貶める報道が垂れ流しになり始めた。異常だと思うね。」

有権者D「連立が小沢代表からの申し出なら連立後の総理を小沢氏に頼むのが筋だろう、しかし貧乏くじ総理は小沢氏を総理にとは一言も言っていない。
俺様自民党にとっての連立後の総理は前原議員や岡田議員というシナリオだったんじゃないかな?又も恐怖のネオコン総理誕生か・・・・・

貧乏くじ総理はもっぱらクリンチ作戦を続けているわけだから党首会談によって貧乏くじ総理の本心を知ることもアリだと思うよ。」

有権者E「まして、連立の誘いを小沢党首が党に持ち帰って何が不満なんだ?党首として当たり前の事をしただけだと思うね。」

有権者F「たぶん日本を滅ぼすネオコンたちのシナリオでは、小沢党首がYesだろうとNoだろうと勝手に決めた途端に民主党内のネオコンたちがインネンを付けここぞとばかりに分裂を図ろうと画策していたんだと思うね。小沢氏が党内多数の意見を尊重するために連立の誘いを党に持ち帰った事は、小沢氏を邪魔に思っている背信者にとっては想定外悔しいだろうね・・・・」

有権者G「小沢党首の嫌なら出て行けってスタンスだっておかしくない。
今回民主党党首が前原元党首や岡田元党首なら悪魔からの誘いをホイホイ受けて民主党の支持率を暴落させ、野党第一党の民主党を分裂されるのに成功した俺様ネオコンたちは祝杯をあげた事だろう。だいたいホリエ@メールで民主党を潰そうとした前原議員がまだ民主党に残って自民党の援護射撃をしている事自体、野党支持者にとって迷惑な話しだ。」

有権者H「防衛省と軍需産業企業との癒着→贈収賄がはっきりしない限り、防衛がらみの法案なんて議論できる道理が無い。トボケタ元防衛事務官1人だけが悪かったなんて結末で国民は納得しないだろう、小沢議員は今回の企業からの政治献金をすべて返却したと言うからまだ良いが、それでは、他の議員たちはどうなのか。民主党の小沢議員に政治献金したのなら、自民党や民主党のネオコンは誰一人政治献金されていなかったはずは無い。政治献金をするって事は、することによって利があるからでしかない。」

有権者I「防衛省の守屋元事務官が権力を得たのは諸悪の根源小泉政権になってからだろう・・・小泉下総理の訪米にまで同行している。
政官と軍需産業との癒着によって政治が歪められ憲法9条改悪だったり教育基本法改悪そして戦争の出来る美しい国づくりじゃ国民は言い面の皮だ。一票を死の商人=武器証人に差し出した有権者にも責任はある。」

有権者J「今度の癒着の主人公はすべて防衛省出身者というのも皮肉だ。公務員だった時に民間とコネを作って、軍需産業利益の為に危機感を煽り国民を不安に貶め戦争へのシナリオを着々と進める・・・・死の商人から接待漬けでティファニーのバックを貰った元防衛省次官のズウズウシイ妻もご尊顔を出して釈明したらいい。」

有権者K「死の商人から貢物を受け続けた元事務官夫婦は、上まで接待漬けにしているから贈収賄だと分かっていても処分されないと高をくくっていただけだろう。」

有権者L「防衛省と軍需産業=死の商人らの癒着が公になってあわてて病気入院した久間元防衛庁長官も居ることだし・・・・・守屋次官が防衛出身の死の商人とゴルフに賭けマージャンしていた時の政権は小泉政権、安倍政権防衛庁トップは現在トップに返り咲いた石破議員だってことに注目

有権者M「防衛省と武器屋の癒着からすると『非核三原則・核廃絶・軍縮』を掲げていた長崎の伊藤前市長なんて、死の商人や死の商人から接待漬けにされている政官たちにとって邪魔な存在だったのだろうとつくづく思うね・・・・・・」

有権者N「危険な改憲議員たちへの死の商人からの政治資金や保有している軍需産業関連株を調べるべきだ。」

有権者O「人の血で超え太る武器屋とつるんで為政者や髭の隊長同等の思考回路の自作自演で戦争なんて起こされてはたまらない」

有権者P「今回の貧乏くじ総理の連立呼びかけに対する民主党小沢代表の対処は全然おかしくないと思うね。計算が外れたのは、これを機に一揆を起こして党内の分裂を企てたネオコン議員たちだけだろう。」

有権者Q「結果的に、民主党に持ち帰ってみんなの意見を尊重して連立を拒否したのだから問題ないと思う。」

有権者R「防衛省はゴルフに賭けマージャン接待漬け、それより先にはパチンコ狂いで借金ダルマになって結局汚職した自衛官といい、国の防衛どころじゃないね・・・・やはり飲む・打つ・買うにルーズなのは身を滅ぼすだけじゃなく、そんな輩が自衛官じゃ国が滅びる。」

有権者S「福田内閣は癒し系だと言ったが・・・・自民党は『食事代を誰が支払ったか知らない』などという久間下防衛大臣にしろ癒しではなく卑しい系の間違いではないのか。」

有権者T「民主党は腐ったミカンと一緒の箱に入らなくて良かった。腐ったミカン箱に新しいミカンを入れたら腐るしかない・・・・とにかく有権者は近視眼で判断しては間違う、時には静観も必要ということだろう。」

有権者U「死の商人と防衛省の癒着→汚職を真相解明し断ち切らないと、武器屋の希望で第三次世界大戦なんて起こされては取り返しがつかない。」

K記者「地球温暖化だなんて言ってレジ袋を使わなくても、ネクタイ締めなくても、車に乗るのをひかえても・・・戦争が一度起きたらまったく意味が無い。
戦争やり放題で地球温暖化が止められる道理は無い。
戦争で喜ぶのは武器屋と武器屋と汚職関係にある一部の死神に取り憑かれた政官だけだろう
。」


******************************

【社説】
■「連立」打診―まず総選挙が筋だ 
2007年11月03日(土曜日)付 asahi.com

 びっくりするような提案が、福田首相の口から飛び出した。

 きのうの小沢民主党代表との党首会談で、「政策を実現するための新体制をつくることもいい

のではないか」と、連立協議を持ちかけたのだ。ライバル関係にある2大政党が連立を組む、い

わゆる「大連立」の呼びかけである。

 大連立は、ドイツのメルケル政権など例がないわけではない。だが、今回の打診は多くの日本

国民にとっては、キツネにつままれたような話だろう。

 両党は夏の参院選で激突し、自公連立政権が過半数割れし、民主党が初めて参院第1党に躍り

出たばかりだ。遠からず行われる衆院の解散・総選挙でいよいよ政権交代が問われる。ほとんど

の国民はそう思っていたはずである。

 首相にとってのメリットは明らかだ。

 テロ特措法の期限が切れ、海上自衛隊はインド洋から撤収することになった。給油再開のため

の新法は、民主党の反対で成立のめどがまったく立っていない。給油問題に限らず、今のままで

は重要な政策が何ひとつ前に進まない。

 「政治が止まっていいのかどうか。状況を打開しなければいけない」。そう語る首相の思いは

理解できないでもない。同時に、政権を握りつつ、政治を前に進められるのなら、自民党側に失

うものはあまりないという計算もあろう。

 給油新法とともに、自衛隊を海外に出す際の恒久法でも合意できるなら一挙両得でもある。

 私たちは、頭から大連立を否定するつもりはない。たとえば2大政党が国政の基本的な課題で

衝突し、にっちもさっちもいかないとき、打開策としてあり得るかもしれない。

 だが、いまの時点での大連立はあまりにも唐突に過ぎる。とりわけ民主党にとっては、危険な

誘いというほかない。

 日本の政治には政権交代が必要だ。国民にもうひとつの選択肢を示し、総選挙で政権を奪取す

る――。民主党は国民にそう訴えてきた。

 それなのに、肝心の勝負をしないまま、大連立で政権入りという甘い誘惑に負けたとなれば、

有権者への背信だ。民主党がこの呼びかけを拒否したのは当然で、むしろ小沢氏がただちに断ら

なかったのが不可解である。

 ただ、政治を停滞させないための工夫が必要だというのはその通りだ。

 今週、政治資金規正法の改正をめざす与野党6党の協議が始まった。薬害肝炎患者の治療費を

どう公的に支えるかなどでも、与野党で接点を探る動きが本格化している。

 与野党が折り合える政策は進める。その一方で、どうしても基本的な考えがぶつかる政策は何

か、つまり対立軸は何なのかを国会論戦を通じて国民に示す。

 いま必要なのは、そうしたメリハリのある与野党関係ではないのか。談合のような「大連立」

話はききたくない。



">■消費者金融「お客選別」のあおりで パチンコ業界厳しい!
2007/6/10 J-CAST

「庶民の娯楽の殿堂」パチンコだが、遊戯人口がここ10年で1000万人以上も減少し、2007年に入っても客離れが止まらないようだ。その理由の一つが「消費者金融がカネを貸さなくなったため」なのだそうだ。風が吹けば桶屋が儲かる、みたいな理屈だが、あながちウソでもないようだ。

融資申込者の半数以上が振るい落とされた

パチンコ参加人口は減少する一方だ 企業信用調査会社・東京経済の「東経ニュース」(07年5月24日付け)は、07年に入りパチンコ店運営会社の倒産が相次いでいる原因の一つをこう説明している。


「パチンコ業界では消費者金融の法改正を受け、パチンコファンがパチンコにつぎ込む資金が減少した」
消費者金融業界では、06年に多発した無理な取立て、上限を超える金利での貸し付けなどの不祥事が相次いだ。さらに、貸出上限金利の引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法成立を受け、貸し倒れリスクの高い人への融資を一段と絞った。

「武富士、アイフル、アコム、プロミスの大手四社の成約率は三月時点で平均44%と、申込者の半分以上が審査でふるい落とされた」(日本経済新聞07年5月18日付け)
つまり、ふるい落とされた中に、パチンコファンが多かったのではないか、というわけだ。

パチンコ好きは消費者金融をどれくらい利用しているのだろうか。ある大手パチンコチェーンの社員はこう話す。

「生活費が足りなくなって『パチンコで稼ごう』と遊びに来るお客さんも多い。手持ちが無い場合は、お客さんの一部だとは思うが、消費者金融を利用しているようだ」
パチンコ・パチスロ歴20年の30代男性サラリーマンはこう話す。

「パチンコの資金が足りなくなって消費者金融に駆け込む人は、利用者全体の20%はいる感じだ。数年前はもっといたと思う」
パチスロの場合は「大当たり」が続けば一回で20万~30万円も儲かる場合もあるようで、「借金がすぐに返せる」との思いが消費者金融に走らせることになるのだそうだ。

参加人口は減少したが、一人当たりの遊戯費は非常に高騰
消費者金融の「貸し渋り」でパチンコ人口が減る。これはパチンコ業界にとって非常に痛い。「レジャー白書」によれば、パチンコ参加人口は05年で1,710万人。95年が2,900万人だから約1,200万人減少した。

一方で、業界の売り上げ(貸し玉料)は95年が309,020億円に対し、05年は287,490億円と参加人口に比べ減少率は少ない。つまり、一人当たりの遊戯費が非常に高騰している。そこへ、消費者金融の融資が制限されれば、大きく売り上げを落とす結果になりかねない。

パチンコ参加人口に関しては、減少が心配される問題が07年7月に発生する。「射幸心をあおる」という理由で、店内に置かれているパチスロマシンの「4号機」が、ギャンブル性の低い「5号機」に総入れ替わる。スリリングな展開を味わえなくなる可能性があるわけで、日本遊技関連事業協会はJ-CASTニュースの取材に対し、

「業界にとって厳しい状況であることは間違いない」
と話す。


NEWS ニュース 自民党 福田総理 民主党 小沢一郎代表 党首会談 防衛省 汚職 守屋元事務官 小泉純一郎 久間元防衛大臣 石破防衛大臣 武器屋 死の商人 接待 癒着 ゴルフ パチンコ ギャンブル

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/03(土) 18:28:17|
  2. 貧乏くじ総理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

可・不可KA・HUKA

Author:可・不可KA・HUKA
Likes* Cat・Pigeon・Freedom

Dislikes* Frog.・Baldness・Hawk・Vulture・Fake・Gamble・Convention・Violence・Swarm・Cult・Hypocrite・Warlike・Monkey・Shallow cunning・Monkey show・Totalitarianism・Fascism
******************

ある人物を評価するに際して最も簡単で確実な方法は、その人物がどのような人々とつきあっているかを見ることである。
なぜなら親しくつきあっている人々に影響されないですむ人など、ほとんど皆無といってよいからである。
by Machiavelli

すべての人間は、生まれつき知ることを欲する。
by Aristoteles

愛国心とは、悪党の最後の逃げ場である。
by Samuel Johnson

愛国心は、悪党の最初の手段である。
by Ambrose Gwinnett Bierce

愛国心とは、悪党の美徳である。
by Oscar Fingal O’Flaherty Wills Wilde

法律ばかり増えるのは、悪政の兆候である。
by Aristoteles


目的は決して手段を正当化しない
the end will never justify the means

★☆★☆★☆★☆★☆★
Information
宗教など反社会的団体サイトからのリンクは不可
トラックバックを除き、事前に許可を得ていない無関係なサイトからのリンクは当Blogへアクセスは出来ない事をご了承ください。
★☆★☆★☆★☆★☆★

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆募集◆公募◆

[ポイント]TSUTAYA DISCAS◆会員登録 [ポイント]文化放送ラジオCMコンテスト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。